Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

夏、本番 暑くなってきましたね。

ここで、気になるのが、紫外線。

夏は、紫外線量が、年間でもピークになる時期ですよね。

この季節の紫外線対策は、特にしっかりおこなう必要があります。

病棟に勤務する看護師さんの場合、

仕事中は、ほぼ室内で、過ごすことになります。

「看護師は、室内だから紫外線はしなくても大丈夫!!」

しかし、その考えは危険です!

室内で勤務する場合にも、紫外線対策は必要です。

その理由と、紫外線対策について、お伝えします。

看護師さんにオススメ 紫外線対策クリーム

肌を“バリア”しながら“UVケア”できる新しいUV製品です。

小林製薬ヒフミドトライアルセット!980円

家事に仕事に育児に忙しいママへ シェリアの薬用美容液

看護師さんの紫外線対策

室内勤務でも紫外線対策は必要です

関連画像

地上に、届く紫外線には、

波長の短いB波(UV-B) 波長の長いA波(UV-A)

の2種類があります。

B波は、肌に炎症を起こすいわゆる「日焼け」の原因になります。

室内にはほとんど届きません。

問題はA波です。

波長の長いA波は、雲や窓ガラスも通り抜け、

さらに肌の奥深くまで届いて、ダメージを与えてしまいます。

B波のように肌に、急激な影響は与えませんが、

A波を浴び続けることが、シミやシワ、たるみなど、

「光老化」の大きな原因になると言われています。

つまり、室内勤務のときにも、紫外線対策をきちんとしておくことが、

あなたの若々しくハリのある、美しい肌を保つために重要なのです。

屋内で過ごす紫外線対策のポイント

「紫外線  女性 PA」の画像検索結果

勤務中や出かけない休日など、休みの日にも、紫外線対策を、常に行いましょう。

屋内での紫外線対策としては、特に以下のようなポイントを押さえてください。

日焼け止めは「PA」値に注目!!

市販の日焼け止めで、紫外線ブロック効果を表す指標には「SPF」と「PA」があります。

なんのこっちゃい?と疑問に思う人もいると思います。

SPFは、紫外線B波を防ぐ効果  PAは、A波を防ぐ効果の高さ

をそれぞれ示すものです。屋内で過ごす看護師さんには、

使用する日焼け止めは、先ほども、説明いたしましたが、

SPF値は、それほど、高いものを選ぶ必要がありません。

看護師さんは、PA値に注目して選ぶようにしましょう。

PAは、+から++++の4段階のものがあります。

紫外線A波対策には、PA++++の日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

日焼け止めSPF50+ PA++++の商品

プラスプロテクトUV 30g/日焼け止めSPF50+ PA++++

オンリーミネラル SPF50+/PA++++の日焼け止めミルク

ファイテン アクアゴールド UVカットジェル

インナーケアも意識してください

日焼け止めで、紫外線を外側からブロックすることと合わせて、

浴びてしまった、紫外線によるダメージを、

最小限に抑えるための、内側からのケアも大切です。

コラーゲンの材料となる、良質なたんぱく質や、

コラーゲン生成を助ける働きのあるビタミンC、

紫外線を浴びたときに、体内で発生し老化の原因となる、

活性酸素を抑える、ポリフェノール類などを含む食品を、

積極的に食事に取り入れましょう。

できるだけ小まめな塗り直しをしましょう

PA値の高い日焼け止めを選んでも、

出勤前に、一度塗っただけで終わりでは、

汗や皮脂で、落ちてしまって、効果半減してしまいます。

日焼け止めは、数時間おきに塗り直すのが効果的です。

とは言え、忙しい看護師さん。

勤務中に、小まめに塗り直しを行うのは、難しいという方も多いかと思います。

そこで、オススメなのが、スプレータイプの日焼け止めなど、

手軽に重ねられるタイプのものを、用意しておくと良いかもしれません。

 夜勤の日は出退勤時間に注意する

「紫外線  夜勤」の画像検索結果

夕方から深夜にかけて、準夜勤や、深夜から朝にかけての夜勤の日、

または二交代制の夜勤などの場合は、夜間に、勤務することになるため、

室内での、紫外線対策は、不要となります。

しかし、注意したいのが、夕方や朝の出退勤時です。

短い時間だからといって、紫外線対策をやらないと、

「いつのまにか、日焼けになったしまった。」という場合があります。

気を抜かず、日焼け止めを行い、帽子やサングラス、

日傘なども活用して、紫外線をブロックしましょう。

シワやたるみを防いで、若々しい肌を長く保っていくためにも、

日々の紫外線対策を、意識して、夏を乗り切りましょう。