Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんの、人手不足は深刻化しております。

その中でも、就業している看護師は約154万人。

高齢化社会が進んでいる今、2025年には、

200万人の看護師が必要だといわれています。

そのため、最近では、看護師の離職率を下げようと、

労働条件の見直しを、はじめた病院も、あるそうです。

しかし、忙しい看護師さん。

転職先の情報収集にかける時間がとれませんよね。

そこで、本日からシリーズものですが、

よい転職先を見分けるための、ノウハウをお伝えします。

まぁ、転職するにあたり、情報収集は命!ですから、

正しい、見分け方を行いましょう。

以前、私のブログで、

看護師さん転職になぜ失敗したの?求人情報の分析不足編

をご紹介いたしました。こちらも、ご覧ください。

それでは、参りましょう。

スポンサーリンク

求人の正しい見方編

チェックポイントとしては、この4つです。

1)給与:「基本給」と「賞与」をしっかりチェック

2)休日:「休日休暇」と「年間休日」をチェック  

3)シフト勤務:シフトの時間帯をチェック 

4)具体性:福利厚生や待遇欄をチェック

では、ひとつずつ、紐解いていきましょう。

給与:「基本給」と「賞与」をしっかりチェック

「給料」の画像検索結果"

給与欄には、「月給○万円」という表記がされていることが多いです。

月給は、基本的に「基本給」「各種手当」

で成り立っています。

この、基本給の金額を、把握しておくことが大切です。

なぜなら、賞与は、月給から各種手当てを除いた、

「基本給×○ヶ月分」で算出されることが多いからなんです。

例えをあげてみましょう。

月給30万円だとしても、その内訳は「基本給」が20万円。

「各種手当合計」が10万円という形だったりします。

その場合、賞与が基本給の4ヶ月分だとすると、

賞与の支給額は20万円×4=80万円となるんです。

30万円×4=120万円ではないことに注意してください。

つまり、月給と基本給の違いを理解していないと、

賞与の金額を、勘違いしてしまいます。注意して、確認いたしましょう。

求人情報には、基本給が記載されていないケースもあります。

その場合は、面接時などに確認してみましょうね。

また、賞与は必ず支給されるものとは限りません。

求人情報に“賞与”という記載がない場合は、

そもそも賞与が支給されない、ということなんです。

そのため、転職前の職場で賞与があった人は

「賞与は当然もらえるもの」と誤解しまいがちです。

年間の支給額である「年収」はいくらなのか?という視点で、

求人情報をチェックするようにしましょう。

また、一般的には、同じ地域の病院間で給与がすごく違う!

ということは起こりません。

そのため、ほかの病院と比較して、給与が高すぎる場合には、

“なにか理由があるかもしれない”と考えることも、大切なことです。

たとえば、給与が高い病院は、ハードワークの職場で、

看護師の離職率が高いという場合があります。注意してくださいね。

休日:「休日休暇」と「年間休日」をチェック  

あなたはこの違いわかりますか?

  • 完全週休2日制
  • 週休2日制

どちらも週に2日お休みがあるように見えますか?

実は大きく違います!

「完全週休2日制」⇒毎週必ず2日のお休みがあること

「週休2日制」⇒週に2回のお休みがある週が、1ヶ月に1回以上あること

を意味します。

つまり、「週休2日制」は、「月5日以上のお休み」しか保証されていません。

給与が高い病院の場合、

条件を見てみると「週休2日制」になっている場合があります。

出勤日が多ければ、給与が高いのは当然なので、

求人情報をしっかりチェックしてください。

また、「4週8休」などの表現を使っている病院もあります。

「4週8休」は、一見「完全週休2日」と同じに思えます。

「4週間のトータルで8日休めますよ」という意味です。

つまり、週の休みが1日のこともあれば、2日や3日の週もあります。

毎週必ず2日休みがあるとは限りませんので、注意してくださいね。

休みの日数を把握するために一番確実なのは、

「年間休日数」を知っておくことです。

この日数が分かると、1年を通して、

どれくらいお休みがとれるかが分かるので、

しっかりチェックして下さいね。

シフト勤務:シフトの時間帯をチェック 

「シフト勤務 看護師」の画像検索結果"

シフト勤務の場合に、チェックしておきたいのは、

各勤務時間帯が、重なっているかどうかです。

30分くらい重なっている場合には、

その時間が「申し送りの時間」にあたります。

もし、勤務時間帯が重なっていない場合は、

勤務終了後に申し送りの時間があることもあります。

その際、申し送りの時間は、

残業がつかない病院もありますので、注意が必要です。

このあたりの情報は、求人情報だけではわからないので、

面接のときに、しっかり確認してみましょう。

具体性:福利厚生や待遇欄をチェック

求人情報(求人票)は、病院に応募する人を、

たくさん集めることを目的に書かれています。

そのため、病院の中には、自院のアピールポイントを、

強調して書いている場合があります。

そこで、求人情報を見る際には、

「なぜ、このポイントをアピールしているのか?」

と言うことです。

よく見かける、アピールポイントを見てみましょう。

働きやすい職場です⇒託児所はあるのか?

教育研修が充実しています⇒具体的な教育プランが記載されているか?

有給がとりやすいです⇒有給消化率の具体的な数字は?

求人情報をチェックした上で、気になる点があれば、

面接などの場で、しっかりと質問するようにしましょう。

また、求人情報のアピールポイントが少ないからといって、

その病院が、ダメと判断するのはやめましょう。

なぜなら、急いで求人を出しているような病院の場合は、

アピールポイントを、しっかり書かずに、

求人を出してしまうことがあるからです。

そうなってしまうと、求人情報だけでは、

その病院がいいのかどうかわかりません。

なので、そういう場合には、

転職サイトのコンサルタントなどに相談し、

求人を探すことをお勧めします。

転職活動、頑張っていきましょうね。

次回は、病院の特徴や、

雇用条件をしっかり確認する方法を

お伝えします。次回も、よろしくお願いします。

看護師さんの悩み・健康の情報など、常に配信中

◎看護師さんの日刊メルマガ

◎電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド

◎看護師さんの転職メルマガ