Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務お疲れ様です。

転職活動頑張っていますか?頑張りましょうね。

転職は、情報収集が命!シリーズ第2弾です。

転職と言うのは、看護師として、

どう働いていきたいかによって、選ぶ基準が変わります。

そこで、あなたは、

大学病院と民間病院との違いについて、

きちんと理解されているでしょうか?

比較してみましたので、見ていきましょう。

スポンサーリンク

大学病院の特徴

1)福利厚生が充実している。

2)難しい病気の患者さんの看護をする機会が多い。

3)新卒者が圧倒的に多く、10年以上の経験者は、

教育をする立場にならざるをえない。

4)完全分業化されているので、専門化・細分化された、

高度な知識と技術が必要になる。

5)難しい病気の患者さんの看護をする機会が多い。

民間病院の特徴

1)患者さんとの関わりが多くアットホームな雰囲気。

2)業務があまりマニュアル化されていないので、

様々な経験を積むことができ、色々な状況への適応力が身につく。

3)患者さんの精神的なケアや、患者さんが選んだ治療を大事にするスタイル。

4)「認定看護師」などの資格取得は大学病院よりラクです。

理由として、大学病院に比べて志望者が少ないために、

推薦がもらいやすく、学校に通わせてもらえやすいからです。

業務があまりマニュアル化されていないので、

様々な経験を積むことができ、

色々な状況への適応力が身につくことができます。

5)主な目的として、患者さんの精神的なケアや、

患者さんが選んだ治療を大事にすることができます。

細かなチェック 7つの項目

もう少し、掘り下げて、7つの項目を注目して見ていきましょう。

1)看護理念

患者さんに対する考え方や経営方針などは病院によって違います。

あなたの看護師としての目的として、合っているかを確認しましょう。

2)教育体制

卒後教育(免許取得後の教育)や継続教育(成長を支援する制度)の仕組みがあるか、

どうかを確認しましょう。また「資格取得支援」を行っているかも見ましょう。

3)看護配置(病床数・看護師数)の状況

病床数と看護師数をチェックです。

病院の忙しさや、患者さんへの対応の丁寧さを推測できます。

4)救急指定の病院かどうか

救急指定の病院は、夜勤がとても忙しいことが特徴です。

なぜなら、急患を受け入れたり、

夜間でも緊急手術を行ったりするためです。確認しておきましょう。

5)診療科目

あなたが希望する診療科目があるか、どうかを確認しましょう。

6)医師

ここでの、チェックする処は、

専門性の高い技術を持った医師がいるかどうかです。

特色のある医療を実践しているかが分かります。

7)働きやすい職場か

ママになっても、働きやすい職場かどうかを確認しましょう。

もし、あなたが、働きやすい職場を探しているのであれば、

こちらのサイトをオススメします

看護職のワーク・ライフ・バランス(WLB)

こちらのサイトは、日本最大の看護職能団体である

「日本看護協会」が運営しているサイトで、、

ワーク・ライフ・バランスを推進している、

病院を検索することができます。

是非ご活用下さい。

転職活動頑張っていきましょうね。

オススメ転職サイト 

 1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

 2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営 

 3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】