Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

新人看護師さん 転職すべきです 第2弾です。

新人看護師で、

「仕事がつまらない。」

「違う診療科で働きたかった…」

のような理由で、仕事が退屈だと感じてしまっている人は、

実は少なくありません。

一般の方であれば、「何を生意気なことを」と感じる方もいるかもしれません。

堂々と「看護師の仕事つまらないです」

と新人にもかかわらず、いきなり発言したら、

ただの、スーパールーキーです(笑)

そういう意味ではなく、配属希望に叶わなかったということです。

仕事が退屈でつまらないと思っていると、

あなたが理想とする看護師に、近づくことができません。

それどころか、仕事へのやる気が下がってしまい、

あなたの力を、引き出せない看護師になってしまいます。

仕事がつまらなくて、退屈だと思っているなら、

転職すべきです。

看護学生の頃から、

「この診療科で働きたい」と思っていた診療科があったのに、

配属希望が叶わず、希望していない診療科に配属になって、ガッカリした

こういう方が、新人看護師でたくさんいます。

希望していない診療科でも、頑張って働こうと前向きに努力してみたけれど、

やっぱり配属希望が叶わなかったことで、

「つまらない」

「こんなはずじゃなかった」

「私がやりたい看護はこれじゃない」

と思ってしまうこともあります。

そうすると、いくら新人看護師でも、退屈に思うのです。

1)転職する判断基準は、配属希望が叶わないことの退屈感

転職すべき判断基準として、

1)今後、今の職場で解決できるか?

2)転職して次の職場で解決できるか?

この2つの視点で、判断していきましょう。

1)今の職場では退屈感を拭い去ることはできない

2)異動希望を出しても解決できる可能性は限りなくゼロに近い

3)配属希望が通る職場に転職すれば解決!

2)今の職場では退屈感を拭い去ることはできない

配属希望が叶わなかったことが原因で、退屈感を感じている場合も、

今の職場では解決できるのでしょうか?

もう一度、考えてみて下さい。

きっと、あなたは配属希望が叶わなかったにもかかわらず、

配属された職場で、前向きに頑張ろうとしたと誰もが思います。

それでも、退屈感を拭い去ることができなかったら、

今後も、ずっと今の職場では、

やる気を出しも、楽しく働くことはできないと思います

異動希望を出しても、解決できる可能性は限りなくゼロに近い

今の職場で異動希望を出して、部署異動をすれば、

希望の診療科で働ける可能性は、ゼロではありません。

ただ、新人看護師が異動希望を出すと、次の3つのリスクが出てきます。

1)看護師長・周りの先輩に生意気だと思われる

2)新人看護師は3年間は異動できないことが多い

3)異動希望が叶うかもわからない

だから、異動希望を出しても、希望の部署で働ける可能性はゼロに近く、

さらに異動できずに、看護師長に、睨まれる危険性があります。

配属希望が通る職場に転職すれば解決!

配属希望が叶わなかったことで、仕事に退屈感を感じている新人看護師さんは、

確実に配属希望が通る職場に転職すれば、悩みはキレイに解決できます。

面接時に、

「あなたの希望する部署に必ず配属します」

と約束してくれる病院があります。

そのような病院に転職すれば、今度こそ、

あなたが希望する診療科で働くことができるます。

「仕事がつまらない」と感じることはありません。

むしろ、今度は毎日刺激が多く、やりがいと楽しさを感じながら働くことができるはずです。

それゆえに、配属希望が叶わず退屈を感じている新人看護師は、

配属希望が通る職場に転職し、前向きにな、立派な看護師を目指してください。

転職活動、頑張っていきましょうね。