Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師を元々やっていて、ブランクが10年。

「子育ても落ち着いたし、看護師免許持ってるし、もう一度働いてみようかな~」

「でも、転職できるかなぁ~」

と思っている方、是非働いてください!!

結論から言うと、ブランクが10年あっても病棟で働けます!

ブランクありの復職を、可能にするポイントは2つあります。

ブランクがあっても働ける職場を見極める

できなきゃいけないという思い込みを捨てる』ことです。

どのようにすれば、良いか見ていきましょう。

オススメ転職サイト 

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師 

 2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

 3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事

看護師でブランクが10年 復職するために必要な事

ブランクがあっても働ける職場の見極め方

ブランクがあっても「働けない」ってことはありません。

看護師さんには、国家資格という、素晴らしい免許があるのです。

でも、10年のブランクを経て復職するとなると、不安も多いですよね。

では、どんな職場なら安心なのでしょうか?

ポイントとしては、

職場の環境と、周囲の理解・人間関係です。

どのようなことか、見ていきましょう。

職場の環境

まず大事なのは職場の環境です。

10年ぶりに復帰。

最も気になるのは「仕事を覚えられるかどうか」ですよね。

その不安を解消するためには、

・仕事の進め方を覚える上で参考になる
 
 ツール(マニュアルやチェック表など)があるのかどうか

・教える側に人員の余裕があるのか

この2つを確認しましょう。

中には、復職研修を用意している、病院もあります。

周囲の理解・人間関係

もう一つのポイントは、周囲の理解です。

ブランクがある看護師さんや、経験の浅い、

第二新卒の受け入れに慣れている、スタッフが多いと、比較的働きやすいです。

面接や見学で、

ブランクがある方は、どのくらいいらっしゃいますか?

と聞いてみましょう。見学中に、その人に会えたら一番確実です。

ブランクがある方の受け入れに、慣れている病院では、

入職後も、周りとうまく溶け込めていますが、

不慣れな病院であれば、

正直受け入れる側も教え方や、接し方に戸惑うことが多くあります。

そのため「正直どう指導したら良いかわからない」と思われてしまい、

肩身狭く、しんどそうに働いている方も、これまで見てきました。

やはり、受け入れ慣れしている所や、

慣れていなくとも、人間関係が、

よく周りの人に聞きながら仕事を、覚えて、

行けそうな場所を、選ぶようにしましょう。

見極めるためには、面接や見学で、

私みたいな、ブランクがあるものが入って、皆さんのご迷惑にならないでしょうか…」と、

少し謙虚に、相手の温度感を測りに行きましょう。

その時に迷惑そうにしない、

明るく「大丈夫よ、みんなでがんばりましょ!」なんて、

言ってくれる所であれば、ブランクも乗り越えて、行けるのでは無いでしょうか。

「できなきゃいけない」思い込みは捨てましょう

ブランクを経て復職するときに、

何よりも大切なのは、復職するあなたの気持ちです。

具体的には、『できなきゃいけない』という思い込みを捨てることです。

私も、復職をご希望される看護師さんを、お手伝いすることはよくあります。

お手伝いしてきた方の中には、

残念ながらブランクに、押しつぶされて、リタイアされてしまう人もいます。

逆にブランクを、乗り越えて生き生きと、活躍している方もいます。

では、どうしたらブランクを乗り越えられるのでしょうか?

ブランクに、押しつぶされてしまう方の、多くセリフがあります。

「習ったはずなのに分からない」

「周りが忙しそうなのに、私だけできなくて足手まとい」

こんな風に、これくらいはできなきゃいけない、

できて当たり前と、あるべき、自分の姿に縛られているんです。

でも、気付いてください。

あなたがいるというそれだけで、病院は助かっているんですよ?

採用する側は、あなたにブランクがあることは、分かっています。

それでも採用するのには、理由があるはずです。

病棟の人手不足かもしれません。

看護配置の兼ね合いかもしれません。

新病棟の設置かもしれません。

とにかく病院は、ブランクがあっても、

あなたに来てほしいと、思って内定を出したんです。

誰だって慣れるには、時間がかかります。

まずは、

自分がいることで、誰かが助かっているという、そのことに自信をもって

一つ一つ地道に、覚えていきましょう。

時間が経てば、必ずなじめます。それから「ブランク」の考え方も重要です。

そもそも「ブランク」って、何?

看護師としての実務経験では、ブランクが10年あるかもしれません。

でも生きている限り、人生に「ブランク」はないんです。

その10年間で、あなたは何をしてきましたか?

専業主婦で、家庭や子育てに、専念されていた方も、いらっしゃるでしょう。

看護師とは、違うフィールドで、働いていた方も、いらっしゃると思います。

ご家庭のご苦労も、ご自身の忍耐や、工夫で、たくさん乗り越えて来られたでしょう。

看護師さんのお仕事は、

目の前の苦しみを取り除く、素敵なお仕事だと思います。

それは、実務経験ばかりでなく、

人生すべての経験を総動員して、なせる尊い仕事だと思います。

だからブランクをブランクと、意識しすぎず、

ブランクの間にしてきた自分の人生に自信を持ち

そして、『できなきゃいけない』という思い込みを捨てましょう。

そんなあなたなら、

きっと、病棟でも活き活き働けます。プラスに考えましょう。

ブランクありの看護師さん内定もらうには?

ブランクがある場合、面接で見られるポイントは、

『これまでの実務経験』と『学習能力』です。

まず、『過去の実務経験』。

ブランクが10年あっても、

その前に、10年働いていれば、

「じゃあ、すぐカンが戻り、できるわね」と面接官は、思うようです。

あとは『学習能力』です。

ブランクがある看護師さんにとって、

ハードルは、「覚えることがたくさんある」ことです。

これは受け入れ側も気にしています。

知らないこと・習ったことをどうやって、

覚えていくかをアピールするとよいです。

・新しいことを覚えるための工夫をどうするか

・ブランクの10年間に、何か新しいことにチャレンジした経験

などを面接でアピールすると、

「ブランクがあっても、自分でちゃんと乗り越えられそう」と評価されます。

いかがでしたか?

ブランクあるから、

自分は、看護師に戻れないと、思っていませんだしたか?

そんなことは、ありません。

今、看護師は人手不足ですので、

ブランクがあっても、

看護師として、必要としている病院は、あります。

協力することを、よろしくお願いします。

オススメ転職サイト 

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師 

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事