Pocket

こんにちは、荒蒔です。

急に寒かったり、暖かくなったりと体調崩していませんか?

看護師さんで、転職しようと思っている方も多いはずです。

前のブログで、看護師さんが転職が多い理由を述べました。

転職(看護婦の方々)を考えてるあなたへ

そこで、丁度3月の時期なので、

転職を選ぶポイントを述べたいと思います。

何かにお役立て下さい。

転職をするときに最初に、

インターネットで求人検索をする人が増えております。

当たり前と言えば、当たり前ですけど、

看護師さんの転職について検索してみると、

驚くほどいろいろの転職支援Webページが多いです。

この看護師専門の転職支援サービスとは、

一流企業上場会社が運営しているものから、

地域に根付いた求人を解説する地域密着型のもの、

まで色々なタイプがあります。

いろいろのWebページがあるという事は、

自らに合ったものをピックアップする事が可能な一方で、

実のところに選りすぐるときに選択の余地があり過ぎて、

どれを選べば良いのか迷ってしまいます。

では、転職支援サービスは、どのようにして選べば良いのでしょう?

各サービスのホームページを見ても、同じような事が書かれていて、

それほど大きな差は見つけられないかもしれません。

そのようなケース、インターネットを活用して、

各転職支援サービスの評判や口コミを探してみましょう。

実のところ、転職サービスを使った人の感想は、

大いに参考になります。

その転職サービスのWebページに載っている「活用者の声」以外にも、

転職支援サービス専門の評判Webページもありますので、

そちらを見てみる事もおすすめします。

一つの評判だけを見て決めるのではなく、

できるだけ多くの評判や口コミを見て、

その転職サービスの性質などを掴めると良いでしょう。

評判は、利用者の生の声なので、その転職サービスが広告している、

サービス中身を基に選定するよりも、失敗が少ないと考えます。

評判を見て、ある程度候補を絞ったら、

各種の転職サービスのもち味が、

自身に合っているかどうかも、考えてみましょう。

転職するとお祝い金が貰えるところや、病院を逆指名可能なところなど

もありますので、自身の状況や要望に合ったところを、

選んでみても良いと思います。

無論一つに絞らずに、いくつか登録しておくの有効な手段です。

評判を上手に使用して、転職支援サービスを選べば、

転職活動がスムーズに進み、

喜びのいく転職をする事が可能と思われます。

世の中が不況になると、就職難となりますが、

看護師は、いつのご時世でも需要があります。

理由を言えば、不況でも病や怪我で苦しむ人はいますし、

何より看護師は人手不足だからです。

ここの所は、不況が続いていますが、看護師業界には、

そんなに不況の影響はなく、求人情報はたくさんあり、

より良い職場を求めて転職する看護師さんがたくさんいます。

Webページ以外で、求人を探す方法は、

ハローワーク(公共職業安定所)だと考えます。

ハローワークは、厚生労働省が据え付けしている、

公共のサービスですので、心配無用して活用可能な事と、

フリーで活用可能な事が最大の長所です。

でも、このハローワークで看護師の転職先を探すと、

思っていたよりも求人数が少ないと思うかもしれません。

「看護師の求人は数多くあると聞いていたのに、

お願いに合う求人が実のところにはない!」という事もあるでしょう。

ハローワークに看護師の求人情報が少ない理由は、

看護師のの求人は非公開求人が多いからなんです。

ハローワークの求人は、一通り公開求人であり、

非公開求人は取り扱っていません。

非公開求人を探すには、看護師専門の転職Webページや、

人材派遣企業に登録する必要があります。

これらの民間の転職支援サービスは、

ハローワーク同じくフリーで使用可能なところがほとんどです。

また、上場会社が運営していたり、厚生労働省の認可を受けている

転職Webページもありますので、

そのような信用可能なところを選べば、

心配無用して使用可能なと考えます。

ハローワークにはない転職支援サービスの良い面は、

病院内側の細かい情報を知る事が可能な点です。

転職を考えてる看護師のみなさん、頑張っていきましょう。

心から、応援しております。