Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

これから、だんだん寒くなる時期になりますよね。

病院や施設ではたらく、医師の方や看護師さんにとって、

感染管理は、非常に重要な業務であり責務です。

院内感染などもあります。

感染管理の基本はまず手洗いから。

基本中の基本です。

わかっているけど…

できれば洗いたくない!

看護師さんのなかには、

ひどい手荒れの経験があるのではないでしょうか?

手荒れの悪化がいやで、手洗いを怠るスタッフもいるぐらいです。

お気持ちはわかりますが、いけませんよ!!

そこで本日は、看護師さんの敵でもあります、手荒れについてお話します。

参考までに、最後おすすすめの商品も、ご紹介いたしますので、

買ってみてはいかがでしょうか?

看護師さんにとってハンドクリームは必需品!

看護師は手にたくさんの刺激を受ける職業です。

『一処置一手洗い』が基本で、何度も手洗いをする事によって、

水や石鹸から刺激を受けます。

また、たくさんの薬品を使ったりと、消毒液に触れる機会も多いです。

度重なる刺激を放置しておくと、どんとん手荒れが悪化していき、

一度ひどくなってからでは、なかなか治りにくくなってしまいます。

看護師のハンドケアのコツ!

私の息子が、スーパーで鮮魚店で、働いていたことがあります。

真冬でも、冷たい塩水に手をつけて、手荒れがひどくなったことがあります。

当然の如く、ハンドクリームはつけておりましたが、

全く市販のハンドクリームでは、対処できなくなってしまいました。

こうなってしまった場合、皮膚科の先生に診てもらいましょう。

病院でいただいた、ハンドクリームを使い始め、徐々に治ったそうです。

手洗いは最小限に

手についた、細菌を除去するために手洗いをしっかりして、

ハンドソープや消毒液を使うのは、医師の方や看護師さんとして、

感染予防の基本ですよね。

しかし、手洗いや消毒をしすぎると、

手の油分までなくなるので手荒れを引き起こしてしまいます。

職場(病院)で、手洗いをしないわけにはいかないですけど、

家ではなるべく、手を洗わないようにしましょう。

水に触れる時は手袋を忘れずに

医療現場では、経管栄養や吸入の器具を、

次亜塩素酸ナトリウムにつけて消毒をします。

若い時は、次亜塩素酸ナトリウムを薄めた水に素手で手を突っ込んで、

器具の処理をしていましたが、年をとってからは、

手が荒れるようになってしまいます。

消毒液から受ける刺激は、手が荒れる原因になりますので、

触れるときは手袋を着用しましょう。

このハンドクリームが、看護師さんに人気です。

看護師さんの中で、特に一番人気なハンドクリームは、

ロコベース リペア クリームです。

こちらの商品は、ロングセラーで、

薬局でもレジ前に置いてあり、

「手荒れのひどい看護師さんに人気!」

とPOPで書いてあるぐらいです。

商品の特徴として、

皮膚のバリア機能に欠かせない

セラミド3・コレステロール・遊離脂肪酸(オレイン酸、パルミチン酸)

が角質層まで浸透して、肌にぴったり密着します。

水にも強く、長時間保湿効果が続くので、

手を洗う看護師さんや医師の方には、ピッタリな商品です。

他の看護師さんからも、

1)手に馴染ませるとかなりの保湿力があり、効果が持続する。

2)荒れがひどくて指サックを使っている指先がしっとりした。

3)何度手を洗ってもかさかさしない!

4)重めの使用感だけど、むしろそれが安心。

と喜びの声も聞きます。

唯一、デメリットは、

1)値段が高い事。

2)手荒れがひどい場合、なじむまで、時間がかかる

ということです。

こういうクリームの場合、やみくもに塗りこんでもダメです。

塗りやすくなるコツがあります。

手のひらに1センチくらいとったら

両手を合わせてじんわり温めてみてください。

ほどよく柔らかくなって、塗りやすくなります。

ぜひ、あなたの職場で使用してみて下さいね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロコベース リペアクリーム 30g
価格:1944円(税込、送料別) (2018/11/9時点)

 

楽天で購入