Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務、お疲れ様です。

本日は、看護師さん転職になぜ失敗したの?求人情報の分析不足編です。

ネタ切れか?て思わないで下さいね(笑)あと2回ぐらいですかね。

前のブログを読んでいない方は、こちら

看護師さん転職になぜ失敗したの?情報収集不足編

別に、失敗例ばかり書いて、マイナスな部分を、見せようと思っていません。

失敗例を見せることによって、転職に活用してくださいね。

それでは、参りましょう。

看護師さん転職になぜ失敗したの?求人情報の分析不足編

スポンサーリンク

求人情報の分析不足

「分析不足」の画像検索結果"

看護師/助産師 40代 Uさんの場合

看護師歴12年→助産師の資格を得て総合病院(産科病棟)→元の病院

経歴:看護師として12年働き、その間に結婚・出産も経験。

結婚後、勤務先から、少し遠いところへ引っ越したため、通勤に片道1時間かかります。

子供のことや将来の事も考え、それまでの勤務先を退職し、

大学へ通って、助産師の資格を取り、30代後半で助産師になりました。

転職したものの:

家から一番近いという転職理由で、転職先を選びましたが、

実際、手が回らなくなったそうです。

せっかく助産師の資格を取ったので、現在の家から一番近い総合病院へ就職し、

産科病棟へ配属されました。

しかし、助産師としての勤務経験がないため、ひとりでは出産に立ち会えません。

その代り、先輩助産師について、立ち会った出産や、

書籍・論文などからのレポートを、書くようにと言われました。

もちろん、勤務時間外のこてで、宿題としてです。

自分の経験値がないから、仕方のないことかもしれませんが、

家の事、子供のこと、何も自分で、当然、出来なくなってしまします。

ですので、レポートの量が半端なく多いのです。

結局、その職場は3ヵ月で退職し、元の病院へ再就職。

通勤時間はかかりますが、職場環境も分かっているので、働きやすくなりました。

40代 Uさんは、なぜ転職に失敗したのか?

なぜ、40代 Uさんは、転職に失敗したのでしょうか?

その原因は、2つ考えられると思います。

1.家から近い理由だけで転職先を選んでしまった

2.求められる業務範囲を理解していなかった

だと思われます。

助産師=産科病棟(産科外来)に、配属されるということは、

当然ですが、そこでは、やはり「その道のプロ」ということですよね。

しかし、Uさんは、助産師としては新人。まだまだ、勉強すべきことがたくさんあります。

それにも関わらず、転職した先は、実は地域唯一の救急病院であり、

最も出産が、多い病院だったのです。

当然、助産師としての高いレベルも要求されます。

Uさんの場合、求められる範囲を視野に入れておらず、

資格を活かすことを、前提にしてしまったこと。

さらに、家から一番近いという条件で選んでしまい、

失敗の原因だったのかもしれませんね。

転職に失敗しないためのポイント

Uさんのように、本日は、自分の理想と現実のギャップから、

転職失敗という事例を述べました。

こういった失敗をしないためには、

転職時の自分の知識やスキルはどうなのか、

自分自身で分析する必要があります。

同時に、転職後は、どんな働き方が想定されるのかを事前に確認しておきましょう。

現在、自分自身の知識やスキルを把握し、
転職後に想定した働き方ができるのかまで、事前に、
イメージしておくことが、大切と言えますね。
次回は、自己分析不足編です。
また、転職経験の看護師さんの事例を出しながら、
自己分析方法をご紹介いたします。
それでは、次回、お会いしましょう。

 

看護師さんの悩み・健康の情報など、常に配信中

◎看護師さんの日刊メルマガ

◎電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド

◎看護師さんの転職メルマガ