Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

最近ですが、

「年金2000万円問題」・「45歳以上のリストラ」など

お金に対して、不安だらけですよね。

看護師さんは、女性なので出産や結婚などありますので、

いつ辞めるかもしれません。

「iDeCo(イデコ)資産運用だ」または、「起業するしかない」

など、みなさんやっていると思います。

でも、一歩踏み出せませんよね。

しかし、そんな、忙しい看護師さんにも、

オススメな資産運用があります。

それは、つみたてNISA(積立NISA)です。

そこで本日は、

iDeCo(イデコ)と積立NISAの違いについてお話します。

オススメの証券会社はこちら⇒SBI証券 マネックス証券
オススメの本

つみたてNISAはこの8本から選びなさい

税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門

看護師さん iDeCo(イデコ)よりオススメの資産運用とは?

スポンサーリンク

iDeCo(イデコ)よりオススメの資産運用とは?

DeCo(イデコ)と積立NISAの違い

看護師さんの中で、特定領域における高度な知識と、 スキルを持つ認定看護師になりたいと、 貯蓄をしている方がいると思います。

しかし、金利の低い状況では、 増やすには無理があり、そこで、資産運用する方もいます。

また、認定看護師になるには、認定看護師養成機関に一定期間在籍します。

看護師業務が出来なくなり、所属する病院によっては、

休職扱いで、学習にかかる費用を、負担してくれるところもあります。

しかし、補助がない病院もあるのです。 突如、お金が必要な場合て、ありますよね。

こういう場合も、ありますので、 私は、 iDeCo(イデコ)より、積立NISAをオススメします。

iDeCo(イデコ)と積立NISAの大きな違いを見ていきましょう。

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)

⇒ 一度始めると途中でやめることができず、60歳まで引き出せない

つみたてNISA(積立NISA)

⇒1,000円程度の少額から、コツコツと投資をすることができ、途中で、引き出すこともできる。

大きな違いわかりましたか?引き出すしたいときに、引き出せるということです。

iDeCo(イデコ)は、いいかもしれませんが、

今、現在、お金に、余裕があったとしても、無くなる場合もあります。

人生、何が起こるかわかりませんよね。ですので、積立NISAがオススメなのです。

もし、あなたが、休職中で収入のない時期でも、無理なく続けていける金額です。

金融機関によっては、普通預金口座から振替など、

一度積み立ての設定をすることで、毎月自動的に投資を続けられます。

日ごろ忙しい看護師さんにも、利用しやすいので、オススメします。

20年で2000万円も夢じゃない!?積立NISAて何?

次に、積立NISAについて、詳しく見ていきましょう。

積立NISAて何?

つみたてNISA(積立NISA)は、2018年1月から始まった、投資で得られた利益に対する税金を非課税にできる制度です。

毎年の非課税投資枠は40万円。

非課税期間は、20年と最大800万円(40万円×20年)の投資から、

得られる利益を、非課税にすることができます。

また、つみたてNISA(積立NISA)で買える商品は、金融庁が厳選した商品から選ぶようになっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

プロが解説!つみたてNISA(積立NISA)おすすめ商品ランキング2019

金融庁が選ぶ商品は「長期」「積立」「分散投資」に適した、

個人が資産形成をする上で、適切と認めた一定の投資信託です。

現在、販売されている投資信託は約6000もあることを考えると、

初心者にとっては、その中から自分にあった商品を選ぶのは至難の技と言えます。

この点、つみたてNISA(積立NISA)では、金融庁の厳しい基準をクリアした商品に限定されているので、

初心者の方にとっても選びやすく、投資を、スタートしやすいといえると思います。

20年で2000万円も夢じゃない!

人生、生きる上で、さまざまなお金がかかりますよね。

一昔前は、お給料も右肩で増え、預金金利も、今では想像もつかないくらい高金利だし、

家計でやりくりした、余剰資金を、銀行に預けておけばお金が増えました。

ところが、現在の普通預金の金利は0.001%。これではお金は増えません。

どうしたらいいの?て感じですよね。

国も、高度経済成長時代は、余力があったので、年金を始め、私たち国民に手厚い社会保障を用意してくれました。

しかし、今、現在どうでしょう?

国も余力がなくなっている今、自分自身で、お金を増やしてねというのが国の本音です。

ですから、私たちは、つみたてNISA(積立NISA)などの、

税制優遇を受けられる、制度を活用して、賢くお金を増やしていく必要があるのです。

実際、投資をするのと、しないのとではお金の増え方は大きく違います。

例えば、普通預金に毎月3万3000円を20年間積み立てた場合、

ほぼ利息がつかないので、20年後には、積立元本の792万円程度と考えるのが現実的。

一方で、年利4%の投資信託で2、0年間運用できれば、20年後は約1210万円、

年利8%の投資信託で20年間運用できれば、20年後は約2018万円となり、

普通預金に預けておくよりも、約400万円、約1220万円も増える可能性があります。

つみたてNISA(積立NISA)であれば、利益に対しても税金がかからないので、

コツコツお特にお金を増やせというわけです。

いかがでしたか?積立NISAを行いたいと、思った方多いと思います。

しかし、もちろん、つみたてNISA(積立NISA)のデメリットもあります。

次回、つみたてNISA(積立NISA)のデメリットと、

どのような方が、オススメなのかを解説いたします。

それでは、次回お会いしましょう。

オススメの証券会社はこちら⇒SBI証券 マネックス証券
オススメの本

つみたてNISAはこの8本から選びなさい

税金がタダになる、おトクな 「つみたてNISA」「一般NISA」活用入門