Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

皆さん、新しい時代に変わり、目標をたてましたか?

あなたの目標は何ですか?

新人看護師さんや、新社会人の方は書かされたと思います。

「目標と言われても・・・」と悩む方も、多いんではないでしょうか?

私もそうですが、毎日ブログを書くことを目標にしております。

ぶっちゃけ出来てない場合もありますけど(笑)

そこで、本日は、目標の立て方についてお話します。

それでは、参りましょう。

目標を立てる意味とは

「目標を立てる 看護師」の画像検索結果

初めて入社したり、新人看護師さんで、

目標を書きましょうと、言われたと思います。

面倒くさい部分もありますが、目標を立てることに意味があるの?

と思わず疑問に思う方も、いることでしょう。

しかし、目標を立てることは、大切です。

目標を立てるということは、成長を明確化し計画性をもたらす事です。

つまり目標は、より具体的でなくてはいけません。

しかし、ただ闇、意味なく目標を立て、

頑張る!というだけなら誰でもできます.

大抵そうゆう時、モヤっとして、達成できたかできていないかすら、

わからないような目標は、無意味であり、価値を生みません。

ちゃんと今の自分と向き合って、目標を立てましょう。

例えば、1年で、どこまで自分が達成できるかを考え、

目標を立てるということは2つの意味でとても大切とも言えます。

1つは、今の自分を客観的な評価をするということです

周りが見えなく、自分だけの考えをする人には、

特に、重要なポイントとなります。

2つめは、期限完了後に、

達成した、自分の明確なイメージを、描くということです

なりたい自分や、叶えたい目標がなければ、

そもそも理想像が無いので、

自分自身の価値をあげたり、強くなれることはありません。

年齢を問わず、成長を続けることは、

自分の価値をあげる事に、繋がるだけでなく、

自分が成長し続ける姿を、周りに見せる事で、

周りの意識も高まる効果があります。

そのためにも、目標をもち努力し挑戦し、続ける事はとても重要な事です。

大谷翔平選手の目標管理シート

「マンダラ―ト」の画像検索結果

2018年のスポーツ界で、素晴らしい功績を残した選手と言えば、

MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属の、大谷翔平選手ですよね。

それでは、彼はどのような目標をたてたのでしょうか?

大谷選手の目標管理シートは、高校時代、花巻東高校1年の時に書いた

マンダラ―トという目標シートです。

マンダラ―トは、発想法の一種で、

アイデア整理・可視化して目標を達成していく方法です。

大目標を中央に、それを達成するための8つの具体的な目標を掲げ、

その8つを達成するための、8つのアイディアを出していくという方法で、

これをとい入れることにより、自分の中の目標が、明確になります。

皆様も、是非行ってみて下さい。

看護師としての目標の立て方

関連画像

近年、「目標管理制度」と呼ばれる職場管理手法を、

取り入れている病院が増えています。

これは、目標設定・計画・実行・振り返りを繰り返すことで、

看護師さん個人の能力を向上させるほか、

チームや病院としての、成長にも繋げることを目的とした制度です。

そして、目標を管理し、仕事につなげていきましょう。

看護師として働くうえでの目標の立て方

それでは、実際に目標管理制度にのっとり、個人目標を設定する際、

どのようなことを掲げたらよいのでしょうか?

ここでは、看護師の目標の立て方について説明していきます。

「当院でどんな仕事がしたいですか?」

「当院に入ったらどんな仕事をやりたいですか」という質問には、

採用されたときの具体的なイメージを伝えましょう。

例えば、

「これまではヘルパーをしていました。

 貴所では、その経験を生かして、介護のスキルを磨き、

          介護福祉士の資格を取得したいと思っています」

のように話すと、前職での経験を伝えながらも、

向上心をアピールすることができます。

また、

「小児科医であった父に憧れて看護師になりました。

       こちらでは、私の当初の思いを実現するため、

                 小児科病棟を、担当したいです」

と、自身の看護観や、志望動機とからめて希望部署を告げるのもよいでしょう。

一方、「何でもやります」という回答はやる気は伝わりますが、

主体性のない印象を与えてしまいますので、気おつけて下さい。

小さな目標設定で達成感を得る

設定する目標は小さなことでもかまいません。

ただし、具体的な内容にしましょう。

例えば、

「電話やナースコールは2コール以内にとる」

「仕事で使用する備品の名前と場所を覚える」

「患者さんと自然なコミュニケーションを取れるようにする」などです。

自分の苦手なことや、先輩から指摘された部分、

もっと伸ばしたい部分などから、定めていくといいと思います。

小さな目標を少しずつクリアしていくことで、達成感に繋がりますよね。

成功体験を重ねることで、日々の業務に、

自信をもって望むことができるのです。

病院の理念や診療方針を念頭に置く

所属する病院、または、診療科の理念や診療方針を踏まえて、

目標設定することも大切です。

経験が浅い看護師であれば、内科や外科など、

所属する診療科の分野に、特化した目標を立てるとよいでしょう。

勤務経験を積み、先輩看護師として、

後輩を指導する立場になった際には、より高い目標設定が求められます。

後輩の指導に加え、委員会への所属や看護研究への参加など、

自分個人だけではなく、組織貢献を意識した目標を設定しましょう。

目標を立てることは看護の質の向上へと繋がる

目標設定は、看護の質を高めるために欠かせません。

目標を立てることで、自身の成長に繋がることはもちろん、

患者さんや一緒に働く、スタッフへの接し方も変ってきます。

目標設定の仕方がわからないという場合は、

「自分はどう成長したいのか」

「患者さんのために何ができるのか(何をしたいのか)」

を考えてみましょう。

そうすることで、目標にしたい事柄が浮かんでくるはずです。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

新人看護師さんを応援します:新人看護師さん応援メルマガ