Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

病院で、看護師さんは知っているけれど、

『准看護師』という方もいます。

どのような業務しているか分かる人が

どれくらいいるのでしょうか?

そこで、本日は、

看護師と准看護師の違いについて、お話ししたいと思います。

オススメ本

      

看護師と准看護師の違いについて

看護職には、看護師と准看護師の二種類があります。

看護師は、准看護師と区別するために

「正看護師」と呼ばれる事もあります。

看護師は、

『3年以上の教育課程を受ける必要』があり、

『傷病者もしくは褥婦(ジョフク)(出産後間もなく、

まだ産褥にある女性の事)に対する、

療養上の世話または診療の補助を、行う事を業とする者』とされています。

そして、

看護師免許は、厚生労働大臣が交付する『国家資格』です。

准看護師について

関連画像

それに対し、

准看護師は、『教育課程は2年間』であり、

『ドクター・歯科医者、または看護師の指示を受けて、

傷病者もしくは、褥婦に対する療養上の世話、

または、診療の補助を行う事を業とする者』と定義されています。

准看護師の免許は、

『都道府県知事免許であり、国家資格ではない』のです。

定義によると、看護師は自身の決断で、看護を行う事ができますが、

准看護師は医者、歯科医者、看護師の指示を受けないと、

看護をする事ができないんです。

つまり定義上では、看護師の下に、准看護師がいるんですね。

では、実のところに、

病院などの医療施設で働くケース、何に違います。

看護師の准看護師違いについて

病院に患者さんとして行った時に、

「この人は看護師さん、この人は准看護師さん」

と区別がついた事ありますか?

普通は区別なんてつかないですよね。

着用しているユニフォームも一緒ですし、業務中身も特に変化しません。

定義では、看護師の指示を受けて業務をする

准看護師ですが、

実のところは看護師と、同じ業務をしているんです。

資格は違うのに、業務中身は同じ。

でも資格が違うから、お月給には差が出ます。

当然、看護師のほうがお月給は高いです。

教育を受けた期間も違いますし、

国家資格か、都道府県知事免許かの、異なる点はあります。

「業務は一緒、でもお給与は違う」なんて、

納得いかない人もいます。

そもそも准看護師は、

色々な、感染症があったりもします。

早く看護師を、増やす必要性があったため、

一時的な措置として、作られた仕組みです。

それにより、現代では看護職を一本化し、

准看護師は、

廃止しても良いのではないか、という議論もされています。

准看護師が、今後、どうにかなるかは、決まっていません。

今後、『准看護師を目指す人は、廃止の議論がされているという現況』

を知っておいたほうが良いでしょう。

看護師は、どういった業務をやるの?

看護師の業務は、

患者さんの普段暮らし援助と、ドクターの診療補助です。

加えて、患者さんの「確か・安楽・独り立ち」

を目指して看護を供給します。

このように看護師の定義を書いてみても、

具体的に印象しにくいと考えますので、

病棟勤務の看護師の、日勤業務の流れをご解説します。

看護師の日勤は、申し送りから始まります。

前勤務帯の担当看護師から、受け持ちの患者さんの状況や、

移り変わりなどを引き継いで、情報収集を行います。

この申し送りをちゃんと行わないと、

スムーズに業務が進みません。

急性期病棟の日勤帯の時、

受け持ちの患者さんの数は5人~8人です。

日勤帯での業務は、

・バイタルサインの測定(患者さんの「脈拍」「呼吸」

「体温」「血圧」「意識レベル」の5つを測定する業務のこと)

・全身清拭や入浴介助などの清潔ケア

・食事介助や点滴や採血、皮膚トラブルの処置、

・検査出しや手術支度

・ベッドメイキング(ベッドをきちんと整えること)

・患者さんのベッド周囲の環境整備

これらの業務を行うだけで、

看護師の日勤は、簡単に過ぎていきます。

処置や手術仕込みなどが重なると、時が足りないほどです。

これらの業務をこなしながら、

各患者さんの詳細な看護記録を、書かなくてはいけません。

この業務量を見れば、

看護師の業務は、ハードである事も承知できますし、

残業が多々ある事もうなづけますね。

夜勤に入ると、寝る方もいるので、

看護師の業務も、暇になると思うかもしれませんが、

決して、そのような事はないのです。

夜勤帯は看護師の数が少なくなりますので、

1人の看護師が、15人前後の患者さんを受け持っています。

おっしゃる通り清潔ケアなどは、夜間には行いませんが、

夜間でも、ナースコールは頻回に鳴りますし、

急変が、起こる事もたびたびです。

しかも、翌日の日勤のための、

手術仕込みなどを行いますので、

夜勤は、夜勤で大いに慌しい日が多々あるのです。

これらが、看護師の業務となります。

「普段暮らし援助」や「診療の補助」といっても、

ふんだんにの業務があるんです。

しかも、それらは体力的に、大変な業務ばかりですので、

看護師の業務は、体力勝負と言えるでしょう。

看護師さんは女性です。

『忍耐力』が必要となる職業です。

これからも、看護婦さんたちを

応援していきたいと思っております。

オススメ本