Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師の仕事内容は、病気の方の身の回りのお世話や、

医師の診察というお仕事のはずです。

「なぜ看護師になるために国家試験が必要なの?」

と疑問に思う方もいると思います。

そこで今回は、看護師の仕事に、

国家資格が必要な理由について、解説していきましょう。

スポンサーリンク

国家試験を受けるまでが大変?!

「国家試験 看護師」の画像検索結果

すべての看護師が、国家試験を、合格しなければなりません

一度修了すると、「看護師の国家試験を受ける資格」を得れれます。

全国的に認定された教育機関や、

教育機関には、職業訓練校、短期大学、大学が含まれます。

まず第一に、教育機関である学校に入学するために、

入学試験のために勉強することは、避けられません。

医療や看護に関する講義に加えて、さまざまな教育機関は、

病院やコミュニティでトレーニングカリキュラムを用意しており、

トレーニングレポートを提出し、

現場の教育者から評価を受ける必要があります。

多くの看護師教育機関は学校を中退します。

これは、勉強と実習が厳しいことを示しています。

看護師国家資格が持つ強みとは

「看護師国家試験」の画像検索結果

看護師教育機関を卒業しようとしても、

国民看護師試験に合格しない限り、看護師になることはできません。

国家試験に不合格になった場合、看護師アシスタントまたは、

看護ヘルパーとして働きながら、

来年の国家試験に向けて、勉強を続けます。それは非常に難しいです。

ただし、看護師国家資格は「更新なし」「永続的な資格」です。

国家試験に一度だけ合格する必要があります。

資格を取得すると、看護師として、

働いていない場合でも、失格になりません。

国民看護師資格の最大の強みは、

いつでも働くことができることです。

看護師とは、幅広い独占を持つ医療専門職です

「医療専門職」の画像検索結果

看護師の仕事は多様です。

単に血圧を測定し、入院中に患者を拭くだけではありません。

たとえば、個人やグループが病気にならないように、

教育とガイダンスを提供します。

産業界の看護師、看護相談サービスなど。

国家資格では、各職業には、

「独占職」と「その資格なしではできない仕事」があります。

看護師とは、医師に続く、幅広い独占を持つ医療専門職です。

それは、高い責任と権限を持つ仕事です。

看護師のみが、行うことができる義務、権利、責任のため、

看護師になるには、国家試験に合格し、国家資格を取得する必要があります。

一般の看護師と専門看護師・認定看護師に違いはあるの?

「専門看護師・認定看護師」の画像検索結果

専門看護師と認定看護師の両方の基礎は、国家看護師の資格です。

日本看護協会が定めた資格であり、

その分野での、一定の経験と知識が必要です。

資格要件については、日本看護協会のウェブサイトを、参照してください。

言い換えれば、専門の看護師と認定看護師は、

特別な国家試験を受ける必要はありません。

それは、現場で、看護師としての基礎が、必要であることを意味します。

まとめ

いかがでしたか?

看護師になるために国家資格が必要な理由

看護師になるための入学の難しさ

勉強、実習、入学後の看護師のための国家試験を受けること、

そして、何個ものハードルがあることを理解したと思います。

看護師の資格を取得することは、困難なことなのですが、

国家試験に合格して、

看護師として働き始めるときの、

使命感、誇り、仕事の満足感に代わるものはありません。

これからも、看護師さんの事、応援していきます。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ