Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

看護師に欠かせない能力と言えば、

コミュ二ケーション能力ですよね

でも、コミュ二ケーション能力は

どのように高めればいいか、わからないと思います

ですので、看護師による、

コミュ二ケーション能力の高め方についてお話します

看護師によるコミュ二ケーション能力の高め方とは?

 

自分は、コミュニケーションが苦手だから、看護師には向いていない

そんなこと、思っていませんか?

それは、非常にもったいないことです。

コミュニケーション能力は、センスや才能ではなく、

努力することによって、高めることができます。

コミュニケーションを高めたい方は、

次の行動を、意識するよう、心がけてください

スポンサーリンク

相手のことを知ろうとする

初対面の方への「あいさつ」のマナー|看護師ライフをもっとステキに ナースプラス

特に、初対面の方や、なじみのない人は、

どのような考え方や、悩みがあるかは、わかりません。

まず第一に、あなた自身が、他の人を知る必要性があります。

一方的に、話すのではなく、相手の話を聞きながら、

コミュニケーション能力を高めないと、意味はありません。

看護師として、患者さんの状況や、

悩みを聞きたい場合は、

相手にたくさん話してもらい、情報を得るようにしましょう

あなたが話すよりも、相手の方が、多く話すようにしてください。

共感する

女は、共感の生き物」って本当? | GLOBIS 知見録

自分の気持ちや考えを理解し、

共感してもらうと、相手を信頼しやすくなります。

あなたが信頼する誰かに、

あなた自身についてより、深く話すことができるでしょう。

信頼できない人に、初めてすべてを伝えるわけではありません。

例えば

〇「わかります~私も同じですよ(笑」

〇「そうなんですね。どんなことがあったんですか?」

とこのように、共感できる部分を、見つけることが大切です。

わかりやすく伝える

これであなたも説明上手!伝わる説明の仕方とは|看護師ライフをもっとステキに ナースプラス

「どういう意味かわからない」「目的がわからない」

と話したり考えたりしたことはありますか?

ストーリーの目的が明確でなく、

内容が整理されていないと、相手に、うまく伝えることができません。

また、看護師は、専門用語を、

あまり使用することを、注意する必要があります。

看護師同士で問題はありませんが、

担当患者に専門用語を使ってもわかりません。

他の人のレベルを理解し、

他の人と、コミュニケーションをとることが重要です。

質問上手になってコミュニケーション能力を向上させる

後輩ナースと上手くコミュニケーションをとる3つのコツ | ナースときどき女子

聞き取りが上手でも、

質問がなければ、会話は、あっという間に終わります。

ここからの質問は、相手とのより、深い会話に欠かせません。

しかし、多くの人は、質問を思い付くのが、難しいと感じるかもしれません。

ある元アナウンサーは、面接をしているときは、

面接時間が短くても、100問くらい考えているそうです。

その秘訣といたしまして、

◎「具体的には・・・」

◎「もっと詳しく教えてください」

◎「それで全部ですか?」または「他にないですか?」

この3つの質問です。

この質問の理由は、相手の話が、

具体的な話から、突然、出てこない、

抽象的な話であり、理解できるからです。

入っていくうちに、大きなサークルから、話し始めるからです。

「具体的に…」と質問することで、

ストーリーがより、具体的になり、相手も自分のストーリーに、

興味を持っていると、思いますので、詳しくお話させていただきます。

ある程度聞いてから「もっと教えて」と聞くと、

相手は、あなたの話題に、

興味を持ってくれて、会話が弾むと思います

まとめ

いかがでしたか?

聞くのが少し、難しい人もいれば、簡単な人もいます。
まず、本日、ご紹介したことを、実践してみてください。
日常のコミュニケーションスキルを、向上させてください。
頑張っていきましょう。