Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

ママさん看護師さんで、

出産が終わって、

そろそろ復職を、考えないといけない

そう思う方、多いと思います

看護師は激務の仕事なので、

子育てをしながら、

働けるか不安な方が多いと思います

仕事と育児を両立させる方法をご紹介します

看護師の仕事と育児を両立させるには

スポンサーリンク

家族や周囲の人にサポート

乳がん治療には周囲のサポートが必要です~家族・企業は患者のためにできることは?

看護師の仕事と育児の、バランスをとるためには、

家族の理解と、協力が必要です。

特に、家事の分担や、

育児などは、協力することが、非常に重要です。

また、近くの親戚や、

友人に子供を預けることができるなら、

仕事で忙しいときに、頼れる人がいると安心ですね。

子育てに困ったときは、一人で悩むのではなく、

家族や周りの人に相談して、協力してもらいましょう。

勤務先の制度を活用する

仕事と育児を、両立させる看護師さんに、

知ってもらいたい制度があります。

お子さんが、3歳になるまで、会社によって異なりますが、

原則として、1日6時間勤務すれば、

フルタイムの、育児短時間勤務制度として扱われ、

就業日数や就業日数も異なります。

正社員より時間が、短い場合は正社員として扱われます。

短時間の正社員制です。

仕事と育児のバランスを、

サポートする制度は、他にもあります。

勤務先や転職先が、

どのような制度を、取り入れているのか、確認してみましょう。

院内保育や学童保育などを利用する

院内保育所とは?院内保育の特徴と課題を解説! | 保育園向けICT支援システム KIDSNA キズナコネクト

院内保育は、病院で働く、

看護師の子供(乳幼児)の世話をする、デイケアセンターです。

勤務先の病院内や、病院の近くにあるため、

お子さんの突然の、発熱にも対応もあり、とても安心です。

お子さんが、小学生になる頃には、ずっと楽になります。

放課後一人で、過ごすのが心配な方は、

放課後のお世話をお任せください。

スクリーニング基準は、施設によって異なります。

また、シングルマザーの場合や、両親がフルタイムで、

働いている場合に、優先されることがよくあります。

育児をする働きやすい職場へ転職する

仕事と育児のバランスを取りたいと思うと、

不規則な夜勤や、

残業が多い職場では、働きにくいですよね。

そのため、多くの看護師は、

夜勤がなくても、快適に働くことが、

できる職場に、転職しましょう。

仕事と育児の両立を、目指す看護師が、

快適に働ける職場には、以下の施設があります。

訪問看護

訪問看護では、看護師が患者の自宅を訪問し、

主治医の指示に従って、看護を行います。

基本的に夜勤はなく、週末や休日が多いです。

施設を紹介しましたが、やはり、

子育てを理解している、職場を選ぶことが重要です。

一人で無理しないで、職場の支援を受けて、

看護師として働き続けましょう。

入院施設のないクリニック

入院施設のないクリニックでは、

もちろん、夜勤がなく、

治療日や時間が、決まっているので、

残業も少なくて済みます。

デイケアやデイサービス

デイケアやデイサービスにおける、

看護師の仕事は、

利用者のバイタルサインの確認、

投薬の管理、日常生活の支援であり、

基本的に夜勤はありません。

また、土・日・祝日も多く、残業もほとんどありません。

まとめ

いかがでしたか?

結局のところ、仕事と育児のバランスをとるためには、

家族の理解と協力が必要です。

もう一つの選択肢は、快適に働くことができる職場に、

転職いたしましょう。

頑張っていきましょうね。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営 

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典

⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント