Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

人のときに指導してくれた、

プリセプターは、すごく尊敬できる先輩

しかし、あなたが、プリセプターになったら、

きちんと教えることができますか?

プリセプターを任された看護師が、

心がけるべきことについて、お話しします。

看護師の悩み プリセプターを任され不安です

スポンサーリンク

プリセプターを任された看護師が心がけるべきこと

急にプリセプターを任されて、

「自分にできるのだろうか」

と不安に感じる看護師さんは多いものです。

しかし、まずは以下のようなことを心がけてみましょう。

「チームで新人を育てる」と考える

多くの場合、プリセプターになるのは、

少し前まで、自分が新人の立場だった若手看護師さんです。

「自分よりも、もっと詳しい人がいるのに・・・」と感じることもあるりますよね。

プリセプターだからといって、自分一人で、

プリセプティの教育をしなければならないと、背負い込む必要はありません。

新人看護師は、チーム全体で、育てるものと考えましょう。

周囲のほかのスタッフや、先輩に頼るという意識を持って良いのです。

叱ったあとはフォローする

ミスをしてしまったときなどには、叱るのもプリセプターの役目です。

叱るときには、感情的にならず、事実だけを指摘するのが大切です。

ミスの理由にかかわらず、叱られたら、やはり、落ち込むものです。

叱りっぱなしにせずに、

「どうしたらミスがなくなるか、一緒に考えてみよう」

「私も新人のときはミスして落ち込んだよ」など、

フォローすることも心がけましょう。

仕事とは、失敗して覚えていくものです。

失敗しない人はいません。

そのような考えを持ち、教えてあげましょうね。

新人看護師の成長を見つけて褒めてあげる

新人看護師さんにとって、勤務中は、常に新しい業務や課題だらけです。

思うようにいかず、自信をなくしたり、ミスして落ち込むこともあります。

私もそうですが、新人の頃は、誰でもあるはずです。

叱ったり、注意すべきときがあるのはもちろんです。

また、新しいことができるようになったり、

上手に、できるようになったことがあれば、小さなことでも、褒めてあげましょう。

ちゃんと、自分の成長を見守ってくれていると感じることで、

プリセプティにとって、大きな励みとなるはずです。

人に教えることは、自分の成長にもつながる

プリセプターとなって、マンツーマンで新人看護師の指導にあたる、
プリセプターシップ制度は、病院の新人教育制度の定番とも言えるます。

プリセプターには、入職3~4年目の若手看護師が、任命されるのが一般的です。

あなたも、新人時代があったように、新人の気持ちを理解しやすいと考えられるためです。

また、指導をおこなったり、相談に乗ったりすることで、

プリセプターの成長に、つながることも期待されています。

まとめ

いかがでしたか?

自分が新人の頃は、プリセプターの方が、褒めてくれると、うれしかったりしましたよね。

あなた自身も、ちゃんと新人看護師さんの良いところを褒められる、

プリセプターを目指しましょうね。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ