Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

看護師の経験を活かした、

専門の資格として、養護教論があります。

いわゆる保健の先生です。

保健の先生て、美人で優しいイメージがあります

養護教諭は、人気の高い職種です。

そんな養護教諭には、どうしたらなれるのか?

また、仕事内容や、メリット・デメリットなどを紹介します。

看護師の経験を活かした養護教諭とは?

 

スポンサーリンク

養護教論の仕事てなに?

養護教諭の仕事が向いている人の特徴は?自分はどう?仕事内容と一緒に見ていこう!【ジョブール】

養護教諭は、小・中・高校の生徒や教職員など、

学校内の人々の、健康管理や衛生管理など、

学校の「健康」を管理する教師です。

つまり、保健の先生ですね

学校の看護師として働くには、学校の看護師免許が必要です。

大学や短期大学などの特定の科目を修了すると、免許を取得できます。

また、養護教諭の主な仕事は、生徒の健康を管理し、指導することです。

けがや病気、体調不良などで、診療所を訪れる学生への対応に加え、

定期健康診断や、健康調査、病気やけがの予防指導など、

学生の健康をサポートしています。

さらに、学校の環境と衛生を管理し、健康と性教育の教員を任せられます。

たとえば、健康診断データを整理し、問題を見つけ、

学生や教職員に健康管理を提供し、

喫煙や、薬物を防ぐための教育活動を実施しています。

オススメ転職サイト

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営  

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】

養護教諭になるには?

養護教諭の免許には、

2種類(短期大学)、1種類(大学)、専門(大学院)

の3種類があります。

所定の単位を完了すると、それぞれを取得できます。

大学の教育、看護、心理学、家政学の学部で、

訓練を受けていることに加えて、

看護師や保健師の免許を取得した後は、

短期大学、専門学校、研修施設もあり、

さまざまなコースの免許を、取得することができます。

近年、看護学部での研修が増えています。

学校はこちらに載せておきます

全国の養護教諭の資格(一種免許状)が取れる大学一覧です。

養護教諭に関する資格が取得可能な大学

短大はコチラ

専門学校はコチラ

養護教諭のメリット

養護教諭として、働くメリットを紹介します。

給料が高く、地域や、公立か?私立か?といったことで、

多少の違いはあります。

平均よりも、高い給与となっています。

また、安定した雇用形態で、公立の学校の場合、

公務員になるので、福利厚生も充実していて、

社会的信頼もありますので、社会からの信頼も高いです。

休日・休暇が多いです。

土日・祝日が、基本お休みです。

長期の休暇もあるので、年間の休日は多めで、

産休や、育休なども、取りやすいです。

また、子どもたちの身近で、心身の発達・成長を見守る職業です

ですので、養護教諭ならではの、やりがいがあります。

また、日勤のみで、アクシデントがなければ、

通常の業務が忙しいこともなく、身体的な負担は、軽いと言えます。

養護教諭のデメリット

一方、養護教諭としてのデメリットもいくつかあります。

まず初めに、急な休みを、取りにくいという事です。

養護教諭は、基本1校に1人と言う体制の学校が多いです。

もし、あなたの子どもが、熱を出したといった場合に、

急に休むことが、難しいです。

また、離職率が低いことや、少子化の影響もあり、

養護教諭の募集は、少なくなっています。

仕事の一つとして、子どもたちの精神的なケアにも、

重点が置かれるようになります。

養護教諭も、生徒たちの心の健康にも、

難しい対応を、強いられることもあります。

まとめ

いかがでしたか?

養護教論は、非常にやりがいがあり、給料、休日、手当を受け取る、

子供愛好家に関しては、学校の看護師が、

非常に人気があるのも、不思議ではありません。

医療分野での看護師としての、仕事に飽き飽きしている方や、

さらなるステップアップを目指す方に、オススメです。

オススメ転職サイト

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営  

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】