Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師の身だしなみについて社会人になると、

いかなる職種であれ、身だしなみは大事です。

当然看護師も同じくで、

身だしなみのルールが各職場で決められています。

看護師をしていると、いつも看護師長などの、

上司からの厳しいチェックを受けることがあります。

新人看護師が業務を辞めたいと思う主な訳に、

きつい身だしなみの水準が嫌だからというものがあるくらいです。

身だしなみの規格は、その病院やクリニックによって違うでしょうが、

普通には「常識的な範囲で」という事になると考えます。

この「常識的な範囲」が、

若い20代と管理職である50代では違うんです。

そもそも看護師の身だしなみが厳しいのはなぜなのでしょうか?

看護師は、患者さんに最も近いところで働く医療職者です。

患者さんは、病気によって免疫力が下がっている時が多々あるので、

患者さんにとって、自分の手の届く範囲な影響である看護師は、

いつも清潔でなければなりません。

不潔であると感染源となる事すらあるのです。

清潔であるための身だしなみに、

長い髪はしっかりまとめておく事、

爪は短く切っておく事などが挙げられます。

そして、病院によっては時計や指輪も手洗いのときに障害になり、

時によっては菌の温床となるケースがあるので禁止されています。

清潔であるという観点からの身だしなみの前提を記しましたが、

その場合、

「清潔かどうかは、頭の色や化粧は関連ない!自由で良いじゃないか!」

と主張する人もいると考えます。

おっしゃる通り髪の色が金髪だろうと黒髪だろうと、

清潔さは変わりありません。

でも、周囲に与える感触はかなり変化します。

看護師は、社会人です。

一般会社で働いている社会人で、

金髪や過度に濃い化粧をしている人は、全くいないと考えます。

理由を言えば、社会人になれば社会的責任が出てくるので、

身だしなみは誠実さや業務への取り組みを示すものとして、

周囲に受け取られます。

そして、身だしなみは、周囲の人と良好な関係を、

築けるかが重要です。

看護師の場合、患者さんと良好な係りを築かないと、

より良い看護ができませんよね。

万が一患者さんが、10代から20代の若者だけだったら、

金髪に近い色でも、化粧が濃くてもそれほど大きな問題に、

ならないかもしれません。

でも、病院に来る患者さんは、

新生児からご年配までありとあらゆる年代の人がいますし、

そのご世帯とも関わらなくてはいけません。

色々な年代の人に好印象を持ってもらうためには、

やはり清潔で、落ち着いた髪の色で自然な化粧である必要です。

しかし、この前テレビ番組で、通販会社ベルーナに、

看護師向けカタログ通販があることを知りました。

ナース服や靴など費用は病院持ちですが、

看護師はカタログから自分のものを選べる

というスタイルが大人気だそうです。

一番の人気は、ゆったりしたシルエットのスクラブ。

動きやすいし、脱いだり着たりも楽ちんと、

看護師さんたちには好評です。

またブランド化したものが、お医者さんで言う聴診器のリットマン。

シェア56.7%と半分以上と驚きです。

看護師さん専用通販『NURSERY』

看護婦さん転職サイト

看護師の方は、清潔が一番ですが、

規定の服のサイズが合わなかったりすることがあります。

このように、看護師さんも自分で選択ができて、自分のあったもので、

仕事ができる時代になったことに驚いています。