Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

看護師の転職が決まらないパターンには、どんなものがあるのでしょうか?

転職をしたいのに、なかなか決まらない!!

そう悩んでいる看護師さんいませんか?

本日は、転職が決まらない対策法を教えます。

≪関連サイト≫ 

  電子書籍 看護師さん専用 転職ガイド Kindle版 

  転職サイト⇒看護師転職サイト おすすめランキング

看護師の転職が決まらない時どうするの?

スポンサーリンク

転職先を絞り込めない

「悩み 看護師」の画像検索結果

看護師が、転職できない場合の対策の場合、

転職先を絞り込まずに、面接ができない場合の対策を紹介します。

求人条件の要件が多すぎて、新しい仕事が、見つからない場合があります。

また、どちらを選択するか迷っている場合は、

最初に、紙とペンを用意してください。

次に、新しい仕事に、必要な条件を箇条書きに書き留めます。

書き留めたら、「絶対に諦めない!」と思うものから、優先順位をつけます。

これを行うと、新しい仕事で、最も探しているものと、

転職したときに、最も大切にしているものがわかります。

次に、1番目の優先順位の条件を、満たす求人を絞り込み、

2番目と3番目の優先順位の条件を、満たす求人を選択すると、

求人を、絞り込むことができるはずです。

転職回数が多いことがマイナス

「転職回数」の画像検索結果

看護師が、転職できない対策として、

転職回数が少なく、面接に失敗した場合の対策です。

頻繁に転職する回数が多いと、転職できない場合があります。

ですので、まず第一に、新しい仕事を選ぶ時は、注意してください。

「いつも面接に落ちるので、とにかく面接を受けよう!」

このような「数打ちゃぁ当たる」という作戦はNGです。

ですので、面接で、自然に雰囲気で、

「二度と転職しない。これが最後!」

という強い気持ちで、面接を受けるようにしましょう。

そうすると、「絶対にここで働きたい!」と思えます。

そう思えれば、志望動機や、自己PRなども自然に、書けると思います。

面接官にも、あなたの熱意や、やる気が伝わります。

さらに、面接のポイントとして、

「今まで転職を繰り返してきましたが、貴院では長く勤めます」

このように、

・今度は長く勤めること

・転職を繰り返すつもりはないこと

をしっかり伝えるようにしましょう。

面接官に熱意や、転職を繰り返すつもりがないことが伝われば、

採用に、大きく一歩前進できます。

≪関連記事≫

転職回数が多くて不利?転職回数と転職を成功させるコツ

面接対策が不十分

「面接」の画像検索結果

最後に、面接対策が不十分で、看護師が面接に陥った場合の対策です。

面接の際は、適切なスーツを着て、社会人としての、外見に注意してください。

また、時間のある面接現場に到着し、面接の際には、

必ず、表現力豊かな回答を心がけましょう。

当たり前の事かもしれませんが、

その当たり前が、合否の左右されます。

≪関連記事≫

看護師の身だしなみ!?自分で選択できる時代へ

また、面接でよく聞かれる質問を確認しておきましょう

<面接で聞かれる質問>

・なぜ当院を志望したのですか?

・前職を退職した理由を教えてください。

・あなたの看護観を教えてください。

・当院でどんなことをしたいですか?

・あなたの長所と短所を教えてください。

・自己PRをしてください。

自分自身の言葉で、これらの質問に答える準備をしてください。

面接の準備が整っていれば、

面接官は、あなたに好印象を与え、採用される可能性が高くなります。

また、面接に十分な対策を行う事により、

面接を受ける可能性が、非常に高くなるため、

面接への不安を、克服することができます。

面接が怖い場合は、必ず面接の準備をしてから、

勇気を出して、別の面接を受けてください。

面接の準備が整っていれば、怖いものなしです。

まとめ

いかがでしたか?

看護師の転職が、決まらない理由と、その対策をご紹介しました。

面接対策って、具体的にどうすれば良いのかわからない、

もっと詳しく教えてほしければ、、転職サイトを利用すると良いです。

看護師の転職のプロである担当者が、面接対策やアピール方法の、

アドバイスをしてくれますので、さらに採用される確率が上がります。

転職活動、頑張っていきましょうね

≪関連サイト≫ 

 電子書籍 看護師さん専用 転職ガイド Kindle版 

 転職サイト⇒看護師転職サイト おすすめランキング