Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です

看護師の資格を持っているだけでも、

私の場合、尊敬に当たるのですが、

本日は、看護師さんの方で、転職で有利な資格をご紹介いたします。

本日は、「クリニカルスペシャリスト」です。

仕事内容やどんな方が向いてるか?深堀していきましょう。

看護師の転職に有利な資格 クリニカルスペシャリストとは

スポンサーリンク

クリニカルスペシャリストって何?

ソース画像を表示

クリニカルスペシャリスト、 あまり聞いたことがない人も多いと思います。

「クリニカルスペシャリスト」とは何ですか?

病院やクリニックなどのいわゆる臨床現場で働く代わりに、

医療機器等を扱う会社に就職し、

看護師の経験・知識を活かす

機器の販売・開発に関わる業務内容です。

クリニックで看護師として働いているときは、

心電図や輸液ポンプなどを監視しています。

治療や検査にはさまざまな医療機器が使用されています。

むしろ、機器なしでは、患者のケアや管理は、できないと言えます。

これらのデバイスの開発と管理のために、

現場の看護師の生の声と、実際に管理すると、

不具合などの情報が とても大事ですので、

ナースとしての経験を生かしてください。

あなたは有利に仕事を変えることができます。

クリニカルスペシャリストは営業職?

ソース画像を表示

クリニカルスペシャリストは、

機器を売る営業と、勘違いされることもありますが、

厳密には直接販売する営業とは、少し違います。

営業チームと協力して、医療従事者に説明会や

研修会を開催したり、営業に同行して専門的な立場から、

販売活動を支援したりと、その企業の営業活動全般を

サポートする役割を担う、営業支援の仕事となっています。

とは言え、直接販売などの、営業はしないものの、

その企業にとっての収益がなければ、給与ももらえないので、

営業的なマインドは必要になるでしょう。

クリニカルスペシャリストの就職活動

女性編】就活時の身だしなみ・服装チェック!確認すべき8つのポイント

クリニカルスペシャリストになるための就職活動として、

自分で求人を探すだけでなく、転職サポートサービスや、

ハローワークを利用する場合は、

クリニカルスペシャリストを職種として依頼します。

看護師さんでも、一部の企業でも使用されています。

勤務先の会社の規模、勤務条件、働き方などの、ご要望がございましたら、

条件としてご提示いただき、内容に合ったお仕事をお探しいたします。

出張の有無により、労働条件は大きく異なりますので、事前にご確認ください。

結局、機材の使用経験が少ないと、選抜が難しい場合が多いですが、

やる気と情熱が、大事で若い世代のスタッフを、育成したいという会社もあります。

クリニカルスペシャリストの勤め先

看護師のクリニカルスペシャリストになるには、

医療や福祉の現場との違いを、理解する必要があります。

一般的には、医療機器メーカーの仕事を探す必要があり、

一般企業の一般社員として、働くことになります。

オフィスだけでなく、

病院や介護施設などで、製品の説明やメンテナンスも行っています。

看護師さんの方で、時々旅行に製品を紹介したり、

デモンストレーションやワークショップを、担当したりします。

ほとんどの立ち仕事が行われる、看護分野とは異なり、

デスクワークの比率が高いため、

耐性も資質として、必要とされるところです。

どんな看護師が向いているの?

クリニカルスペシャリストへの

転職が向いている看護師のは、どういう方か見ていきましょう

1.呼吸器やモニターなど、機器の管理をするのが好き

2.患者さんとのコミュニケーションが苦手

3.根拠を注意深く調べ、考えることに時間を費やすのが好き

4.週末や休日に夜勤なしで、転職したいOLのような会社で働きたい方

5.手術室などの体系的な環境を好む

6.多くの患者さんを助けたい

どれか当てはまる人は、参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

看護師というだけでも、転職に強い資格ですが、

やはり、自分のスキルアップのために、

資格を取るのも大切と言えます。

環境が変われば強みにもなります。

参考にしてみてください。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営   

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント