Pocket

こんにちは 荒蒔です

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師の平均勤続年数はどのくらいか知っていますか?

あなたは転職をする時に、

転職先の平均勤続年数をきちんと調べていますか?

転職に絶対に失敗しないためには、

平均勤続年数を調べることが大切なんです。

看護師の転職と平均勤続年数の関係を説明していきます。

看護師の転職は病院の平均勤続年数を調べることが近道です

 

スポンサーリンク

看護師の平均勤続年数はどのくらい?

看護師の平均勤続期間はどれくらいですか?

看護師が転職に失敗しないようにするには、

職場での看護師の平均勤続年数を調べる必要があります。

しかし、すべての看護師の平均勤続期間がわからない場合があります。

職場での、平均勤続期間が長いか短いかはわかりません。

厚生労働省の2016年賃金構造基本統計調査によると、

看護師の平均勤続年数は8。0年です。

1000人以上の職場は8.3年

100〜999人の職場は7.7年

10〜99人の職場は8.7年です。

平均勤続年数は、約8年と考えることができます。

平均勤続年数が長い職場と短い職場の違いは

看護師の平均勤続年数は、約8年です。

では、平均勤続期間が、平均より、

長い職場と平均勤続期間が、短い職場の違いは何ですか?

平均勤続年数の、長い職場と短い職場の違いは、働きやすさです。

たとえば、平均勤続年数の長い職場では、

多くの場合、残業が少なく、休暇が多く、関係が良好です。

また、平均勤続年数の長い職場は、

ライフステージが、変わっても働きやすいことが多いです。

女性は結婚、妊娠、育児のために働き方を変えるしかない。

しかし、平均勤続年数の長い職場では、結婚や育児を利用して、

外来や残業の少ない科、24時間保育所、

勤務時間の短い制度などに、転勤することがよくあります。

職場が保育を理解し、

「お互い」の精神で、スタッフ同士が、助け合うなら働きやすいし、

ライフステージが、変わっても、

それに合わせて、仕事ができるので、

定年退職者が少なく、平均的勤続年数が高くなります。

平均勤続年数の短い職場は、

ブラック病院で、人間関係は、正直疲れます。

ブラック病院であることに加え、悪い人間関係を持っているなら、

仕事に入って、すぐに辞めたいと思いますよね。

そして、転職を繰り返し、仕事を変え続けると思います。

それで、平均勤続期間は、より短くなります。

ブラック病院では、結婚、妊娠、

出産後に、退職することを、選択することがよくあります。

基本的に、平均勤続年数の長い職場は、ホワイト病院です。

平均勤続年数の短い職場は、

すぐにブラック病院で、辞めたい職場と、考えることができます。

仕事を変えるには、時間、労力、精神力が必要です。

そして、転職は、履歴書や、

看護師のキャリアにとって、あまり良いことではありません。

したがって、看護師が転職した場合、

ホワイト病院で長い時間、落ち着いて快適に働けるように、

平均勤続年数の長い職場に、変更する必要があります。

平均勤続年数が長い職場を選ぶべき注意するポイント

看護師は、平均勤続期間を守り、求人を選択する必要があります。

ただし、平均勤続年数が長い場合は、ホワイト病院であるり、働きやすい。

1つは、クリニックなどの小さな職場です。

小さな職場では、看護師だけでなく、

すべてのスタッフが、古い考えを抱えている、可能性があります。

このような職場では、平均勤続年数が非常に長くなります。

一人で飛び込むと、慣れず、

友達として、認識されなくなる可能性があります。

初心者が、常に同じ関係にある場所に、来ることは珍しくありません。

それを受け入れません。

こんなところに転職したら「うわぁ、失敗!」と思うでしょう。

看護師は平均勤続年数を、守ることで、キャリアを変更する必要があります。

仕事を本当に簡単にするために、転職するかどうかを決める前に、

ホワイト病院であることを、確認してください。

まとめ


看護師の平均勤続年数や、
本当にホワイト病院か、
調べるためには、転職サイトに登録しましょう。

転職サイトをご利用の場合は、担当のコンサルタントが、

あなたの職場の平均勤続年数と、
それが本当にホワイト病院かどうかを、
チェックしてくれるので、
長時間仕事ができる、職場に確実に転職できます。
頑張っていきましょう。