Pocket

こんにちは 荒蒔です。

さぁ、今日から新しい月の6月です。

皆様、気持ちを切り替えて頑張っていきましょう。

なんて人あまりいないと思います。

実は言うと「6月病」て知っています?「5月病」はよく聞く話ですが、今の現在では、

社会人の「6月病」が増大しはじめているのをご存じでしょうか。

以前5月病について解説いたしました。

新人看護婦さん大丈夫ですか?五月病に気をつけましょう

「おいおい、ネタ切れかよ」と思わないで下さい(笑)

新人看護師はもちろんの事、ベテラン看護師でも知っておきたい

「6月病」についてお伝えします。

「6月病」ってなに?「5月病」とどう違うの?

「6月病」も「5月病」と同じで、新暮らしや業務によるストレス、

心の疲れなどがたまり、心身の不調となって表れるものです。

5月にわずかずつ現場での業務に入り、その影響が6月に出てしまうのです。

「6月病」のきっかけは、新人看護師にも、専門性や技術が高く求められるため、

集合教育や、研修に多くの時間を使う病院が、増大してきています。

こうした長時間研修が、現場で働く事への抵抗を生んでしまうとも、考えられます。

そして、5月に現場に入り、はじめのうちは軽めの負担を配慮されていた業務が、

6月になって突然重くなってしまった結果、残業や問題がいっぺんに増加して、

心身共に疲れ切ってしまい、「会社に行きたくない」時もあります。

そのほか、夏季休暇ポイントとなる、7月・8月は、看護師同士の休み要望が重なり、

休みがとりにくくなるため、気をつかって、6月に休暇を、申請するという

看護師も多いため、休日明け業務に行きたくなくなったり、

やる気が下がってしまったりして、突然辞めてしまう看護師もいるようです。

「6月病」かどうか?チェックリストがございますので、参考までに行っいてみて下さい。

【精神面チェックリスト】

□ とにかくやる気が出ない。無気力状態である。

□ 楽しいと思えることがなく、気分転換できていない。

□ 気持ちが落ち着かない。申し送り時に声が震えるなど、過緊張になる。

□ イライラしてしまう。同期と話しても気分が楽にならない。

□ 仕事 先々 ことを考えただけで、焦りや不安を感じる。
【ボディー面参考にリスト】

□ 疲れがとれない。

□ 仕事前や仕事中にめまいがする。

□ 身体がだるく、頭が重い。

□ 夜、なかなか寝つけず、朝も早く目覚めてしまう。眠りが浅い。

□ 職場で ランチ時、食欲がなく、吐き気がする。

いかがでしたが?チェックが多いほど「6月病」の危険性が高いと言えるでしょう。

「6月病」にならないためのにも、早めの対処が肝心です。

1)自らの心境をため込まないように心がけましょう。

先輩や、職場の人にはいえない事も多いですよね。

そのような事例は、お世話になった看護学校、ご時世の恩師や友達、

ご両親などに話してみましょう。

口に出すだけでも楽になりますよ。

2)早寝早起きをし、バランスのよい食事を心がけ、体の抵抗力を

この時分は何かとゆとりがなく、

食生活、睡眠時など暮らし概要が乱れてしまいます。

できるだけ、みなさんも、一人の人間です。

無理をしないよう心がけましょう。

3)ほどよく、軽い運動を心がけましょう。

個室に引きこもってしまうと、気分も晴れず、うつになってしまいます。

外に出て軽く汗を流すような、かるい運動や趣味があれば、ぜひとも実践してください。

だからといって、新人看護師以外の方々は、あまりに長い休みをとりすぎる事も、

良くない傾向なので、外国旅行に何週間も行くような、体験をしてしまうと、

現実に戻りたくないと感じてしまう事もあります。

ゆとりのある日程で、旅行を組み、業務復帰可能なような、スケジュールにして下さいね。