Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師は激務!!辞めたい!他の職業に就きたい!!

思ったことありませんか?それは、はっきり言って損しますよ。

でも、人それぞれですけどね(笑)

本日は、そんな看護師を辞めるべきか?辞めないべきか?

悩んでいる方に、損しますよ!!というお話です。

オススメ転職サイト 

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師 

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

 3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事

看護師を辞める!?損しますよ!

看護師を辞め、つける職業とは?

 

看護師を辞める。

転職しようと思った場合、どのような仕事に転職する事になるのでしょうか?

最初に、あなたは、何か資格を持っていますか?看護師免許以外の資格ですよ。

自動車免許は持っている人が、おおよそだと思います。

社会人から看護師になった人は、以前に社会人をしていた時に、

何か資格を取っていたり、大学で教員免許や、

学芸員の免許を、持っている人がいるかもしれません。

でも、高校から看護学校や看護大学に入学した人は、

看護師や保健師、助産師、養護教諭など看護系の資格以外には、

転職に役立つ資格は、持っていない人が多いと思います。

では、看護師以外に何の資格も持っていないあなたが、

看護師を辞める事例は、転職先には、どういった仕事があるでしょうか?

アパレル関係の販売員や、レストランのウエイトレス、

スーパーマーケットのレジ打ちなどでしょうか。

その第二に考え浮かぶのが、事務職ですね。

事務職は座って可能な業務だし、「カッコいいできる女性」という

印象を持っている人も多いと思います。

ただ、事務職は普通なPC操作のスキルが要求されます。

PC操作と言っても、インターネットとメールが可能ならOK!

というわけではありません。

あなたは、ブラインドタッチができますか?

スマートフォンの入力ではないですよ?

PCのブラインドタッチです。私は、もちろん、できませんけどね(笑)

さらに、ワードやエクセル、パワーポイントをつかえるでしょうか?

エクセルはマクロが組めるほど使えればベストですが、

最低限でも、関数は使いこなせるようなスキルを持っておくといいでしょう。

でも、看護師さんの中に、PC操作のスキルを持っている人が、

どれだけいるでしょうか?

「ワードやエクセルっていう言語は聞いた事があるけども、

マクロ?マクロって何よ???」という人が多いと思います。

そうした人は、看護師を辞めて、事務職に転職するのは、辞めた方が良いと思います。

看護師が辞める事を決めて、看護師以外の業務に転職しようと思った時は、

ウエイトレス、レジ打ち、スキルによっては、事務職が候補に挙がってくるのです。

看護師を辞めて転職すると、一体どのくらいの損をするの?

「1億円」の画像検索結果

次に、お金の話です。何か嫌な感じしますけど(笑)

看護師を辞めるという事は、看護学校の学費と苦労を、ドブに捨てる事になります。

看護学校の学費は、私立専門学校や公立大学だと、年間50万円前後、

私立大学だと年間150〜200万円必要になる事が多いです。

これを3〜4年払い続けているんですから、看護師を辞めるという事は、

とてつもなく大きな額をドブに捨てているようなものです。

看護師を辞めるなんてもったいない?と思いませんか?

ガッチリもとを取らないとただの大損です。

看護師の業務をしていれば、平均年収478万円を稼ぐ事ができます。

恐ろしい計算結果を、1つご解説しましょう。

看護師の平均年収は478万円。

提供員やウエイトレス、レジ打ち、事務職に転職すると、平均年収は250万円。

その差は228万円です。

わかりやすく230万円としましょうか。

また、あなたの年齢を、25歳と想定しましょう。

そうすると、60歳の定年まであと35年です。

35年間、毎年230万円の収入差が出たケース、一体どんだけになるでしょうか?

35年×230万円=8050万円です。

もう一度言いますが、8050万円ですよ!

看護師は、毎年確実に、昇給が期待できます。

もしかして、一段と差が出る、確率があります。

そしたら、1億円!!!

なんか、ギャンブルみたいな話になってますけど・・・

あなたは、ここで看護師の業務を辞めてしまったら、

看護学校の学費だけでなく、1億円もドブに廃棄する事になるのです。

あなたは1億円を廃棄する度胸がありますか?私は、もちろんありません。

いかかでしたか?やり続けようと思いましたか?

それでも、辞めようと思っている方は、考えてみて下さい。

若い頃から、先に辛いことをすれば、

平気になってしまうものです。頑張っていきましょうね。

オススメ転職サイト 

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師 

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事