Pocket

こんにちは 荒蒔です

本日の業務 お疲れ様です

看護業務において、ある程度の経験を積むと、

誰もが直面する「リーダー業務」。

しかし、実際には、リーダーシップをとることが、

苦手で不安な方が多いと思います。

リーダー看護師って、どんな能力が必要なのでしょうか?

見ていきましょう。

 

看護師リーダーとして上手くやっていけるかどうか不安です

 

スポンサーリンク

コミュニケーション能力・調整能力

ソース画像を表示

リーダーの立場をとるときは、チームの各メンバーの立場を理解し、

良好な関係を維持するために、率先して行動する必要があります。

日常的に、周囲の人と冷静に、コミュニケーションをとることで、

リーダーとしての、コミュニケーション能力を高めていきます。

後輩の指導の間違いを、指摘する必要がある場合があります。

人々の努力や成果に細心の注意を払い、正直に褒めることで、

良好なコミュニケーションを、維持しやすくなります。

また、リーダーに就任すれば、他の看護部や、

医師と連携・連携する機会が増えるため、

相手の視点で物事を考え、問題を解決する能力も必要になります。

周りから信頼を得られる知識力・判断力

ソース画像を表示

新人や後輩がリーダー看護師に、最も望んでいるのは、

困っているときや、心配しているときに、

正確な指示や、アドバイスを与えることです。

そのためには、自分が実際に、担当している仕事だけでなく、

チーム内のすべての仕事で、何が起こり得るかを事前に推測し、

医師や先輩看護師に、確認して知識を、身につける必要があります。

マニュアルを理解しているだけでなく、

その背後に、ある理由もよく理解しており、

最悪の場合を想定することで、考えられる質問や問題に、

明確に答えて、判断することができます。

あなたはできると思います。

その人がリーダーなら安心して、働けると思う知識と判断力があれば、

リーダーとして、他人から信頼されることでしょう。

非を潔く認めることも大切

リーダーがチームを正しい方向に、導くことも重要な役割であるため、

「明らかに与えられた指示が間違っていると、信頼を失う」

という不安や恐れがあるかもしれません。

しかし、そこで第2の一歩を踏み出すと、

ますます信頼されるリーダーのイメージからはほど遠いものになります。

「リーダーシップとコミュニケーションが取れるように勉強する」などの

「インプット」が重要ですが、より早く結果を出すためには

アクションとしてアウトプットでき、

どんなに小さなことでも

「リーダーとして行動する」ことができます。 

「やった」という自信を高めることです。

間違った判断をする可能性はありますが、

「作られていない」部分に意識を集中させると、

自己イメージが著しく、

損なわれる可能性があることに注意してください。

長年、看護師さんで、何年の経験があっても、

途方に暮れる状況がたくさんあります。

ただ、「〇〇さんには安心できる」

「明確な指示ができる」「間違えても間違いない」との声が多く聞かれます。

「ナンセンスを認める清潔さ」があったからだと思います。

指示の正確さは、経験ごとに向上します。

目標は「明確な指示を与える」ことですが、

間違えても騙されないでください。

また、認める柔軟性を忘れないでください。

まとめ

いかがでしたか?

看護師リーダーに求められる能力を、身につけるためには、

責任感と他人への気配りが重要な部分もあります。

リーダーになる前に、

自分ができているかどうか?確認することも大切です。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営 

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典

⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント