Pocket

こんにちは 荒蒔です。

看護師不足の現況ときっかけニュースなどで、

看護師不足という事をよく聞く事がありますが、

これは以前より社会問題となっています。

では看護師が不足している現況と、

その原因の理由は何でしょうか?

元々、保助看法が制定された戦後直ちにから、

看護師不足は問題になっていて、

看護師不足を決着するために、

准看護師のルールも作られました。

今、現在の看護師不足のきっかけの一つは、

2006年4月に導入された、

7対1入院基本料にあります。

患者さん7人に対し、

1人の看護師を据え付けした病院は、

より多くのお金を貰えるというものです。

それ以前は、10対1だったり、

13対1のところが全くでした。

各病院が看護師の確保に取り組むようになり、

元々不足気味だったのに、

2006年4月からより、

多くの看護師が必要となったため、

さらに、看護師不足は進んだのです。

では、実際のところ、

看護師はどれだけ不足しているのでしょうか?

厚生労働省が出したデータによると、

今回2013年は、需要にそれに対し、

約42000人もの看護師が不足するとの事です。

2014年は、約30000人が不足するとの、

予測も出ています。

毎年2月に行われる国家試験の合格者数は、

約45000~50000人です。

つまり、毎年45000人以上の、

看護師が誕生しているのに、

看護師不足は解決されていないんです。

なぜ、看護師不足が決着されないかというと、

新しく看護師になる人以上に、

看護師を辞める人が多々あるからです。

看護師は離職率が高い職業です。

看護師の離職率は2010年度で、

11.9%と言われております。

看護師の離職率が高いきっかけとして、

やはり業務がハードである事が挙げられます。

看護師の業務は

「きつい・汚い・危険」の3K

と言われていますし、

夜勤もあり、週末の休みも少ないという悪条件です。

そして、業務中身の割には、給与が低いと感じている

看護師も多いのが実態です。

このような環境で働くのなら、

離職率が高い事も理解できます。

昨今の医療は高度化や専門化が進み、

看護師も同じくに質の高い専門的な看護知識や、

技術が求められています。

その流れを受けて、看護師の教育課程はこれまでは、

3年間の教育が多数派でしたが、

大学での4年間の教育が、

望ましいとされるようになり、

看護学部の新設が進んでいます。

このような流れ中で、

『2年間の教育課程である、

准看護師システムは廃止すべき』

というコメントが出てきていて、

准看護師の養成学校は減少性質にあり、

やがて廃止される見込みも十分にあります。

やはり、高齢化が進み、どこの企業や、

病院も人で不足です。

若い世代の人たちを、もっと大切にできる

社会になった貰いたいものです。