Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

新人看護師さん、今、頑張っていますか?

毎日、大変だと思いますが、頑張っていきましょう。

しかし、看護師1年目てどんな仕事なの?

と疑問に思ったり、不安ですよね。

そこで、本日は、看護師1年目の看護師の仕事って、

どんなものかについて、お話します。

1年間頑張っていきましょうね。

スポンサーリンク

新人の看護師の教育制度

新人看護師の悩みでよくある6個の事と対処法。先輩との人間関係など ...

看護1年目の看護師は、多くの病院で、教育プログラムを利用できます。

特に、プリセプターは、ほとんどの病院で導入されます。

3〜4年目には、新任看護師と上級看護師が付き添い、

1年に、1対1で直接指導する技術指導体系です。

先輩看護師さんは、プリセプターと呼ばれ、

このシステムは、プリセプターシップとも呼ばれます。

プリセプター制度では、先輩看護師さんが、

看護師さんに関するさまざまな知識、

医学の基礎知識、医療機器の操作などを、直接、指導します。

学校で学び、実践している場合でも、

状況によっては、できないことも少なくありません。

最初からゼロから学ぶことで、

現場で使えるテクニックとして、身につけることができます。

さらに、プリセプター制度は、

メンタルサポートとテクニカルサポートを提供します。

多くの新しい看護師は、彼らが最初に現場で、

働き始めたときに、新人看護師さんが、

想像したものとの違いに、ショックを受けます。

そして、多くは、辞めてしまいます。

これが起こらないようにするために、

指導者の上級看護師は、良いサポートを提供しながら、

新人看護師を、育成する責任があります。

病院は、誰がプリセプターとして行うのか?

また、新人看護師さんを指導をどのようにするのか?

価値ある、人材の育成に、上手く教えなくては、いけません。

ただし、指導者となった先輩看護師は、

日常業務を行いながら、新人看護師の教育も、行う必要があります。

したがって、負担が大きくなります。

病院は、指導者の上級看護師のサポートを、考えをしなければなりません。

プリセプター制度は、先輩看護師による、マンツーマンの教育制度です。

そのため、指導者との関係が強く、

様々な、アドバイスを得ることができます。

いい試合だとしたら、プリセプターを、

置くだけで仕事が、楽しくなるかもしれません。

指導者によって方法は異なりますが、

一つ一つ目標を明確にして、覚えておきましょう。

1年間スケジュール

それでは、1年目の新人看護師のスケジュールを見ていきましょう。

4月初旬

オリエンテーションとトレーニングは、

病院ではなく、トレーニングセンターで受けます。

研修期間中は、外出前の態度や、看護師としての基本を、

再学習するグループワークを実施します。

4月中旬~後半

入院、病棟配属、プリセプター制開始。

まず、先輩看護師さんに、

日勤の仕事を教えてもらい、ここで、毎日の仕事の基本を学びます。

5月

日常業務の基本を学んだ後、また、専門業務についても学びます。

診療科のほか、夜勤が始まります。

夜勤が入ると夜勤を、含む交代勤務が始まります。

指導者制度の下、先輩看護師から指導を受けながら、

それぞれの目標を、クリアする必要があります。

7月

外来担当など別の部署で働きます。

これは、病院によって異なります。

担当部署を決め、教員制度を教育に、活用する場合もあります。

しかし、新人看護師さんは、病院で働くために、

何を知る必要があるかを、知る必要があります。

基本的な、看護業務を行えるように、教育を受けます。

8月以降

病棟勤務での業務について学びます。

それは看護師としての、

基本的な仕事ですので、よく行われる仕事となります。

毎日の仕事は、たくさんありますが、

何をすべきかを指導者が教えてくれる間、毎日行います。

また、担当者や病院によって、作業が異なります。

指導者の助けを借りて、しっかりと学び、自立していきましょう。

多くの看護師は、一般病院や大学病院で、就職しています。

訓練を受けてから練習しますが、

具体的な目標設定や、訓練方法は、病院によって異なります。

今後、どこで仕事をするかを、

決める看護師は、事前に研修の様子を、確認する必要があります。

病院の教育制度と体制

新卒で入ってわずか1ヶ月で辞めた新人看護師さんたちが光の速さで次の ...

多くの看護師さんが、入る総合病院や大学病院では、

新任看護師の教育体制を正します。

プリセプター制度は、初年度の初心者向けの教育制度ですが、

技術について、学ぶ順番の決め方や目標の設定など、

病院ごとに、さまざまな教育制度があります。

例えば、指導者である先輩看護師に、指導を行う病院があります。

初心者の先生方先輩看護師の成長を、推進しています。

3年目から4年目で、指導者となる看護師もスキルアップできます。

病院として、共に成長し、

看護スキルを、向上させることを楽しみにしています。

大規模な病院では、多くの看護師が雇用されており、

多くの指導者看護師も、働いています。

プリセプターに関しては、

あなたはお互いに、うまく働く看護婦を、選びたいかもしれません。

しかし、総合病院のような、大きな病院でなければ、

新人看護師の教育体制が、十分に整っていないと思います。

一部の病院には、プリセプター制度がない場合があります。

たとえば、現場で先輩看護師に指導してもらうことも可能です。

また、教育制度のないクリニックも多いです。

まとめ

新人看護師さんは、とりあえず、現場作業に慣れる必要があります。

そのため、多くの医療機関に、教育制度を受けなくてはいけません。

ただし、教育システムの内容は、病院によって異なります。

大きな病院には、しっかりとした教育システムがあります。

小さな病院やクリニックには、教育システムがないかもしれません。

徹底した研修を経て、新入生1年目を生き残るには、

事前に研修制度の内容を、確認しておくと安心です。

悩み相談できる看護師転職サイトを選ぼう

ここでは、相談ができる転職サイトをご紹介いたします。

オススメ転職サイト 

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師 

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

 3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事