Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師3年目になると、周りの事がある程度、

見渡せるようになることから、

人によっては、リーダー業務を、任せられるような人も出てきます。

正直いってリーダー業務が負担になってつらい・・・

というような方も少なくありません。

どのようにしたら、良いのでしょうか?見ていきましょう。

看護師3年目 リーダー業務つらい

スポンサーリンク

リーダー業務の何がつらいのか!?

リーダーの日に限って・・・『私のリーダー事件簿』~リーダー業務ある ...

リーダーとしての、責任が重さがつらい

リーダーであることは、より多くの責任を意味します。

リーダーとしての、調整能力に応じて、全体的な動きが変化します。

指導力がないと、その日は、病棟に行かずに、残業することになります。

さらに、新卒看護師が事件を起こした場合、

指導者のリーダーシップが欠如しているため、

主任看護師からの、直接の怒りにつながる可能性があります。

そのような、責任は、リーダーの仕事に付いているので、

リーダーの仕事をしたくありません!

多くの看護師はそれを考えています。

 リーダーの負担で給与が、上がることはほとんどありません。

指導者手当のある病院でも、数百円から千円程度の費用がかかる。

リーダーの仕事を難しくする要因の一つは、

給与は変わらないか、個人だけの負担が増えることです。

それでもリーダーはやりたくない!

看護師が仕事行きたくないと思う時って?その原因と乗り越え方を私の ...

もちろん、あなたはその利点を知っているかもしれません。

一部の人々は、あなたにリーダーシップの役割を、削除してほしいと思うかもしれません。

リーダーの仕事は、誰もが経験を、積むことができる道です。

リーダーが、本当に嫌いな場合は、

看護師さんに、リーダーの削除を、依頼することをお勧めします。

ただし、リーダーの職務を遂行する能力があるため、

主任看護師が、リーダーとして、あなたを離れた可能性があります。

そのため、リーダーの立場から、

抜け出すのはそれほど、簡単ではない場合があります。

特に、スタッフが不足していて、

リーダーとして、活躍できる人がいない場合は大変です。

このように、リーダーとして、働き続けることは、

疲労につながり、そのために、これらの人々の多くは引退しています。

リーダーになりたくない場合は、

リーダーのいない場所に、転職するなどの方法があります。

リーダーは、どの医療機関でも、働いていると思いがちです。

クリニックや施設、診療病院などによっては、リーダーがいない場合もあります。

ほとんどの病院では、ある程度の、

経験を持つ看護師は、やがて指導力を、発揮しなければなりません。

しかし、リーダーのいない職場に転職すると、リーダーから解放されます。

まとめ

3年目看護師さんの、

リーダーの辛さについて考えてきました。

こうしてみると、看護師3年目というのは、ひとつのターニングポイントといえます。

教育者やリーダーとしての、経験を積むことで、

がむしゃらに、業務をこなしてきた日々とは、違う視点をもつようになります。

そして、辛さの質も変わってきます。

向き合うべきことは向き合い、どうしても辛いことや、

納得のいかないことは、自分で状況や、環境を変えましょう。

転職も、考えてみてもいいと思います。

頑張っていきましょう。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営   

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント