Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師になった人のなかで、別の病院への転職を、

考える人の数はかなり多いものです。

そのなかでも、初めに勤めた職場からの転職を検討する人が、

増えるタイミングは、「3年目」といわれています。

看護師さんが3年目で、転職を考える場合が多くなる理由や、

3年目での転職を、成功させるポイントについてご紹介します。

看護師3年目での転職は本当にベストタイミングなのか?

 

なぜ、看護師は、勤続3年目のタイミングで、

転職を考えることが多くなるのでしょうか。

ここでは、看護師が3年目に、

転職を検討し始めることの理由について、ご紹介します

スポンサーリンク

責任の重さを実感する

関連画像

私もそうですが、石の上にも3年と言われるように、3年目は、仕事に慣れる時期です。

「一人前の看護師」とみなされます。

他の職業の方も、そうですよね。

責任の重い仕事や、後輩の指導などを、任せられる機会も増えてきます。

これがプレッシャーとなることで、

転職で心機一転して、環境を変えたいと、考える人も増えます。

仕事に慣れてきて、心に余裕が出てくる

勤続3年目は、「その仕事で一人前になるタイミング」ともいわれています。

私は、3年目も、少し慣れてきた感じでした。

自分がすべき仕事をあらかた習得でき、

いつもの業務のなかで、分からないことが、ほぼなくなる時期がこのころなのです。

仕事が身につけば、心の余裕も出てきますよね。

「環境を変えてみたい」

「もっと自分を成長させたい」と思い始めたら、

転職を視野に入れる方もいます。

実際のところ、3年目の転職は、

本当にベストタイミングと言えます。

3年勤めてからの転職した方が良い

「前向き 看護師」の画像検索結果

3年目は、看護師の転職にとってはとても、良いです。

可能であれば、きっちり、3年間勤めてから、転職するのがおすすめです。

理由として、職場の規定で、3年間以上勤めることで、

「一時金(退職金)」が支給される場合があります。

転職をすることにも、何かとお金がかかります。

もらえるお金は、しっかりもらって、辞めたほうが良いと思います。

基本的には転職は考えてOK!

3年目の看護師の転職事情は、基本的には、考えても問題ありません。

新人看護師さんのうちに、転職する場合は、正直、難しいです。

しかし、3年以上看護師として、

業務は、おおむね習得できているため、「一人前=即戦力」とみなされます。

また、3年目の看護師の多くは、20代で若いため、

将来性も文句なしと、考えてもらえます。

せっかく転職するなら、何ら環境を変えられないよりは、

少しでも、好条件で転職したいものです。

キャリアアップを視野に入れて転職先を選ぼう

「ガッツポーズ 看護師」の画像検索結果

3年目になれば、

どんな職場に転職しても、

「一人前の看護師」として、迎えられます。

いつまでも、新人気分でいられれば確かに楽ですが、

将来の自分を想像できるキャリアプランを、

考えた転職ができたほうが、先行きが見えてきます。

昇進や資格取得のチャンスがあります。

専門的な勉強ができる体制が整っているか、また、さまざまなスキルを持った看護師が、

その分野で活躍できているか……

これらの要素をチェックし、

キャリアをしっかり積み上げられる、転職先を探すのが良いです。

賞与をもらうタイミングで、前職を退職しよう

また、お金の話で恐縮ですが、

「もらえるお金をもらって辞める」のは、転職活動は重要です。

遠慮せず、ボーナスは、

きっちり支給してもらってから、前職を辞めるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、就職3年目の看護師の転職について、

最適なタイミングについて、ご紹介しました。

といわれる理由や、3年目の転職を成功させるポイントなどについて、ご紹介しました。

せっかく条件の良い時期に、転職するのであれば、

次の職場では、よい環境で、長く働き続けたいものです。

看護師3年目の方にオススメ転職サイト

看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】

看護師の転職サポート マイナビ看護師

ナース人材バンク。安心の上場企業が運営
電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ