Pocket

こんにちは 荒蒔です。

眠くてたまらない、やる気が起きない。

それ、真冬うつてやつじゃないですか?

・やらなきゃならない事があるのにやる気が出ない

・ボディーがだるくて眠いので一日中ゴロゴロしていたら、

夜眠れなくなり落ち込む。

・食事生み出すのもおっくうだから、

菓子パン買ってあるのを食べて済ましてしまおう。

仮に、そのような暮らしが続いているのであれば、

うつの確率を疑いましょう。

真冬になると憂鬱になる「真冬うつ」は、

季節性感情障害の通称です。

常識的、うつと言えば、

「不眠」や「食欲がなくなる」というものですが、

真冬うつは、「食べ過ぎ」や「寝過ぎ」という

症状が、出る事が多々あるため、うつと自覚されにくいのです。

そもそも真冬うつは、真冬におおかた、

太陽の出ない北欧などに患者が多く、季節性の高いうつです。

日本では、10~11月頃から次第に元気がなくなり、

眠くてだるくて何もやる気が出なくなってしまい、

桜の季節になると症状が改善する人が多々あるようです。

主な症状としては、過眠、過食、体のだるさですが、

特に食べ物に癒しを求める特質があり、

炭水化物を多く含んだパンやご飯、

甘いものが食べたくなるため、

うつ太りをする人もいるようです。

真冬うつになるきっかけとしては、数多くありますが、

初めに日照時が短くなる事が引き金になって、

脳内にあるセロトニンなどの、

神経伝達物質が減る事が一因だと心積もりられています。

それ以外、蓄積したストレス、遺伝、転居などの環境移り変わり、

過度のダイエットなどが複合して発症するようです。

うつ度ポイントにうつかもしれない、とおぼつかないを感じた人は、

以下のポイントにをしてみてください。

1.いつもではないが、憂鬱な事が多々ある(悲しい、虚しい)

2.いつもではないが、何も楽しくない時が多々ある

※この2つのどっちかにあてはまり、その事で悩んでいたり、

生活に支障が出ているケース、

次のAとBの質問でどっちが多く当てはまるか、

見極めしてください。

A 1.10~11月頃から桜の季節にかけて、心の内が落ち込む事が多々ある  

  2.何をするのもおっくうで、動きたく、支障がなければ布団から出たくない  

  3.特に午前中は調子が悪くて動きたくない  

  4.食欲はあり、特に菓子パンなどが無性に食べたくなる  

  5.この見所、とても体重が増大した  

  6.睡眠時が増大し、日中眠くて仕方がない
B 1.鉛のように体が重い  

  2.嫌な事があると、気分がひどく落ち込み、逆に楽しいと異常に明るくなる  

  3.人からの少々冷たい言い回しや、態度に敏感に反応して傷つきやすい  

  4.日中より夜になると気分が落ち込みやすい  

  5.食欲はあり、特にチョコレートや、甘いものが無性に食べたくなる  

  6.睡眠時が増加し、特に嫌な事があると、眠くて仕方がない

さて、いかがでしたか?

Aが多く当てはまる時は、

「真冬うつ」の見込み大です。

Bが多く当てはまる場合は、

真冬うつではなく非定型うつ」の見込みが高いようです。

真冬うつを治すには上述のポイントにで、

本人が真冬うつかも、

と思った人は、ためらわずに精神科に行き、

薬や高照度光療法などで治療を開始出来てください。

しかし本人の生活習性を変えるだけで、

改善する時もあるので、何とぞ試してみましょう。

真冬うつは、冬眠と同じ。

落ち込まずお日様をいっぱい浴びて、

ストレスをためないように暮らしましょう。