Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

足腰、肩、首などの苦痛が、いつまでたっても治らないけど、

『病院に行くほどではないかな?』

と考え我慢している人も多いと思われます。

本当に、大丈夫ですか?

検査しても異常が見つからず、長い間続く苦痛の原因は、

神経の異常がきっかけでおこっています。見ていきましょう。

神経障害性疼痛を感じたら、我慢せず病院へ

4人に1人が神経障害性疼痛の疑い

神経が、なんらかの所で傷つき、

痛さに対する感覚が、過敏になっておこる病気です。

日本国内には、少なくとも600万人の患者さんがおり、

慢性的な苦しみを感じている人の、

『4人に1人が神経障害性疼痛の疑い』があると、言われています。

また、苦痛の種類大きく区分て、痛さには3種類あります。

1.侵害受容性疼痛頭痛や、

  歯痛、肩こり、打撲、切り傷など怪我や病が

  きっかけとなって炎症をおこす苦痛です。

  相対的に、ずーんと重い苦痛がありますが、

  痛みの原因が治れば完治します。

2.心因性疼痛心の、心もとないなどにより、苦しみがおこります。

  心の心もとないなどを、取り除く治療により改善します。

3.神経障害性疼痛まいや、

  レントゲン検査でも、異常が見つからず、

  心身ともにきっかけが、明確しない事例が、

  多々ある苦痛で、強いしびれ、電気が走る、焼けるように痛い、

  ビリっとくる、など色々な鋭い痛さがあります。

神経障害性疼痛のきっかけは、がん、糖尿病、

帯状疱疹などの病や外傷、

手術をきっかけに、

神経がなんらかのダメージを受けてしまい、

後々になって発症します。

元となる病は治ったのに、

神経細胞は興奮様子が続いて元にもどらず、

言うなら苦痛を記憶したようになり、

苦痛をおこしてしまうのです。

人が苦痛を感じる神経障害性疼痛

関連画像

※「プレガバリン」

人が苦痛を感じるケースは、痛さを伝える神経伝達物質が放出され、

脳に伝わって苦痛を認識します。

神経障害性疼痛は、この伝達物質がですぎる事で、起こる事がわかってきました。

代表的な神経障害疼痛には、

帯状疱疹後神経痛、糖尿病、坐骨神経痛、脊椎管狭窄症などがあります。

神経障害性疼痛の症状苦痛と、いってもたくさんありますが、

以下のような苦痛がある時、

なんらかの神経障害性疼痛の見込みがあります。

・しびれるような苦痛がある

・焼けるようなヒリヒリする苦しみがある

・電気が走るような苦しみがある

・針で刺されるような痛さがある

・衣服がこすれたり、冷風が当たっただけで苦しみが走る

・苦痛の部位の感覚が低下したり、過敏になっている

・痛さのある部位の皮膚がむくんだり、赤や赤紫に変色している

神経障害性疼痛の治療法旧来は、

苦痛を抑制するために、抗炎症薬が、使われていましたが、

実のところには、

炎症をおこしているところがないため、影響はあまりないのです。

けれども、ここの所神経に効く新薬が製作され、

それを使用した治療があります。

そのひとつが、「プレガバリン」です。

これは、苦しみを伝える物質が過剰に出るのを抑え、

神経細胞の興奮を和らげる働きがありる薬です。

帯状疱疹のあとの神経痛や糖尿病の神経障害、

三叉神経痛など、末梢性神経障害性疼痛に、

成果を発揮しますが、めまいや、意識喪失などの副作用もあるため、

使用時には運転をしない、など用心が必須です。

そして、苦しみをおこしている神経の働きを、

麻酔注射で鎮める「神経ブロック」も有効です。

脊髄刺激療法とは

関連画像

その一方で治まらない時は、

脊髄に弱い電気刺激を送り続けるために、

小さな機械を体内に、

埋め込む「脊髄刺激療法」なども選択枝にはいります。

これは、薬物療法に比較して、体の負担は、大きくなります。

きっかけの納得出来ない難治の時でも、

苦痛が和らげるする事が多々ある治療法です。

けれども、いずれのテクニックも、一長一短があるため、

専門医とよく折衝し、自身にあった手法を探しましょう。

けれども、苦痛とは、

何か体の問題を抱えている、信号とも言えます。

重篤な病が、きっかけかもしれないので、

年だからといって、神経痛だよ、などと

侮って薬などで苦しみを抑えずに、

専門医を受診して、ちゃんときっかけを、研究したうえで、

うまくつきあっていく、方法を考えるのが大事です。

他にも、受診するときは、

苦痛の種類を、明確告げる事も、所見の手助けになります。

皆さん、神経障害性疼痛には、気おつけて下さい。

皆さんも、我慢しないで病院へ必ず行きましょう。