Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 おつかれ様です。

毎日 頑張っていますか?

インフルエンザに気おつけて下さい。

看護師さんの中には、うつ病を発症する人がとても多いて知っていましたか?

特に、新人看護師さんに多いようですね。

休職を余儀なくされる方も、毎年出ているようです。

●仕事上でのミスの許されないプレッシャー

●看護業務の覚えることの多さ

職場の人間関係などで、看護師と言う職業は、精神的に負担になることがたくさんあります。

「自分は大丈夫」と思っている人でも、気を付けていないと、

誰でも、うつ病にかかってしまう可能性はあるので、注意が必要です。

看護師経験が10年以上あるような中堅の方でさえ、

時には、ストレスが溜まりすぎたために、心がポキっと、折れてしまうことがあります。

大先輩においても、うつ病になってしまうことだってあるのですから、

新人看護師が、突然うつ病を患ってしまうのも、無理はありません。

そこで本日は、うつ病かも・・・!?と思った時には、

何をするべきなのか、また、看護師の仕事は、どうするべきなのかをまとめてみました。

うつ病の症状て

うつ病には、精神的症状と身体的症状この2つに分かれます。

あなたにこんな症状ないか?チェツクしてみて下さい。

【精神的症状】

1.□気分が落ち込んでいる状態が続いている

2.□仕事や家事などに対してやる気がない

3□最近なんだか気持ちが落ち着きがなくなっている

4□普段は楽しいと感じるテレビなどを見てもつまらないと感じる

5□理由もなくイライラが続いている

6□自分の人生に悲観的になって、将来が不安になったり消えてしまいたいと思う

7□仕事上で判断したり、決めることがなかなかできずミスをしがち

8□人との会話が集中できなくなり、何を話していたのか途中で、

分からなくなってしまうことがある

9□普段の動作や話し方までいつもよりも遅くなってしまう

10□何に対しても気力がわいてこない

【身体的な症状】

1.□常に疲れている

2.□倦怠感がある

3.□不眠に悩まされている

4.□腹痛がよくある

5.□胃痛がよくある

6.□めまいが起こりやすい

7.□耳鳴りがすることがある

8.□心臓がよくどきどきする

9.□頭痛がよく起こる

10.□急に胸が苦しくなることがある

10.□首や肩こりがある

11.□性欲がない

12.□月経不順が続いている

「私、うつ病かも!?」と思ったら

もしあなたが上記にあげたような症状が出ているという人は、できるだけ早い段階で、

心療内科を受診するようにしてくださいね。

もし、うつ病と診断されたのであれば、それはあなたが自身が頑張りすぎて、

心と身体が悲鳴をあげているような状態です。

そのような状態の場合、どうしたらよいか?

うつ病の特効薬は、「休養を取る」ことです

看護師さんで、うつ病と診断された人でも、休職をしてしばらく心と身体を、

十分に休めた後に、復帰してください。

人手不足だからと言って、追い詰めてはいけません。休むようにしましょう

うつで休職した後の仕事はどうする?

一番の悩みは、うつ病で休職を取ったあと、仕事へはどのように、

復帰していけばいいのでしょうか。

一番良いのは、病気を治してから、病院への復帰をすることかもしれません。

でも実は、一度休職をした新人看護師さんのほとんどが、同じ職場には戻っていません。

なぜなら、うつ病自体が職場が原因で発症していることが多く、

医師からもできるだけ、ストレスの原因となったところから、

離れるようにと言われることがあるからです。

なぜなら、うつ病自体が職場が原因で、発症していることが多く、

医師からもできるだけ、ストレスの原因となったところから

離れるようにと言われることがあるからです。

まぁこれが現実です。

無理なく、働ける職場を探していきましょう。