Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

いつも、看護師さんについて、書いていますが、

看護師さんの中のにも、看護師から、助産師になる方もいらっしゃいます。

そこで本日は、助産師さんについて、お話したいと思います。

スポンサーリンク

そもそも助産師さんて何?

「助産師」の画像検索結果

あなたは、助産師の仕事は、

「出産に立ち会い、赤ちゃんを取り上げること」だけだと思っていませんか?

もちろん、それだけではありません。

主に、

妊婦の健康管理

食事・運動の指導

出産後の体調管理

母乳指導

乳児指導など、

妊娠から出産、育児に至るまで、母子の健康を守るお仕事です。

時には、妊婦の方の管理や、指導活動を行うのもあります。

また、助産師は、正常分娩であれば医師の指示を必要とせず、

自身の判断で、助産を指導したりできるのが特徴です。

病院で働くことも、自分で助産所を開設することもできます。

助産師になるにはどうしたらいいの?

「疑問 看護師」の画像検索結果

助産師になるには、どのようにしたら良いのでしょうか?

もちろん、看護師免許を持っていることが前提です。

詳しく知りたい方はこちら⇒看護師になるためには?

看護師になったあなたは、さらに1~2年間、助産師教育機関で学びます。

おもに下記6つのコースから学校を選び、

卒業・修了すると国試(助産師国家試験)の受験資格を得られます。

①助産専門学校に進学する

②助産課程のある大学院や助産専門職大学院に進学する

③大学の助産学専攻科に進学する

④助産課程がある大学で選抜試験に合格し単位を取得する

⑤助産課程の大学別科に進学する

⑥短期大学の助産学専攻科に進学する

また、全国の助産師資格がとれる、学校を載せておきますので、

参考までに見てみて下さい。⇒全国の助産師資格がとれる学校

これから超高齢化社会になるのに、助産師にメリットがあるの?

「高齢者 助産師」の画像検索結果

これから、超高齢化社会になるにつれ、

助産師本来の仕事である、分娩介助の機会は減っています。

また、産科の閉鎖も多く、

一見、助産師の活躍の場は減っていると、思われるかもしれません。

しかし一方で、産科医の減少により、

今現在、助産師が妊婦の健診・指導を行う

「助産師外来」が注目されています。

助産師外来とは、助産師が行う妊婦健診のことです。

通常の健診に加えて、

助産師と一緒に、お産について考えていきます。

また、医師と助産師で健診スケジュールを組んでおり、

妊婦さんに対し、安全性を十分確保するお仕事です。

助産師が中心となり、医師と協力しながら、

外来での妊婦健康診査を行います。

また、若年層への性教育指導、成人への家族計画指導、

出産を終えた女性の身体に関するアドバイスなど

他の仕事の役割も、助産師に求められています。

助産師は、人の一生にかかわる、新たな役割を担う存在として、

幅広い活躍を期待されている職業です。

あなたが、助産師になろうとした、きっかけを教えてください

関連画像

ここでは、助産師になった方をご紹介いたします。たいていのきっかけは、

学校の授業などで、出産についてのドキュメンタリーを見たり、

兄弟姉妹が、誕生する経験をしたという方が多く、

助産師を目指すきっかけになったという声がよく聞かれます。

また、「お産のプロとして妊婦さんを支えたい」

「手に職をつけて長く働きたい」といった志望動機から、

助産師を目指したという方も、いらっしゃいます。

転職活動報告

それでは、先輩方がどのようにして、転職活動してきたか見ていきましょう。

こちらの先輩は、1月の終わり頃から内定が決まるまで、いただいたのが8月末頃です。

情報収集は、「ナース専科 就職ナビ」などの就活サイト、病院ホームページ、

学校の就職支援センターで情報を集め、合同就職説明会などに参加しました。

ナース専科のスタッフの方に、

病院の詳しい情報を教えていただいたので、安心して就活ができたそうです。

転職先を決めるポイントとして、

専門的知識を学ぶことができる

助産師としてスキルアップできる

将来的に海外でも活動できる

この三つを満たせそうな、病院を就職先に絞ったそうです。

二つの病院の見学会に参加したそうです。

前回もお話いたしましたが、必ず見学は行いましょうね。

こちらの記事もお読みください。

看護師さんの転職は、情報収集が命!病院見学を必ずしよう編

内容は、病院の説明、質疑応答、病棟見学など。

見学会の前に自分が気になることはまとめておき、質疑応答で質問しました。

病院の設備や立地など、実際に見に行ったほうがよくわかると思います。

見学した二院を比較し、設備の充実度と分娩件数の多さで、

試験を受ける病院を一つに決めました。

採用試験は、面接のみで、時間は10分程度。

人事、師長、医師の3名が面接官でした。

質問内容は、自己PR、学生時代に頑張ったこと、

東京に知り合いがいるか、問題対処行動など。

面接の10日後ぐらいに、内定をいただきました。

助産師を目指す方、頑張って下さい。応援しています。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営  

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】