Pocket

こんにちは 荒蒔です。

花粉症ときくと、春というイメージですよね。

スギ花粉による花粉症だと、感じる方が多いかと思います。

ただし、花粉症のきっかけとなる花粉は、

50種類以上あって、秋に花粉が飛びます。

ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの、秋の植物の花粉にも、注意する必要があります。

また、寒くなってきて、風邪と間違えてしまいそうですよね。

春の花粉症と秋の花粉症との違いは?、風邪との違いは?それぞれ、

どれほどの違いがあるのでしょうか?調べてみました。

秋にも花粉症があることをご存知でしたか?

「春の花粉症」と「 秋の花粉症 」の違いって?

「秋の花粉症」の画像検索結果

秋の花粉症の症状は、桜の季節におきる花粉症との違いは、ほとんどありません。

とはいっても、秋の花粉症のきっかけとなる花粉は、背の低い草花です。

桜の季節のスギ花粉などと比較すると、花粉の飛散数が少ないので、

症状がそんなにひどくはないと言われていますが、

どこにでもある草花ですから、注意しましょう。

ブタクサやヨモギの飛散時期は、8〜10月で、全国的に見る事ができます。

米国では、ブタクサの花粉症が一番多いといわれています。

花粉の飛散ポイントは、スギ花粉同じく、地域やその年によって変わってきます。

秋は、夏場の疲れが出る時期なので、秋の花粉症予防を、ちゃんと行うことが大切です。

秋の花粉症の症状って?風邪とどう違うの?

「秋の花粉症 風邪」の画像検索結果

秋のくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみの4つは、

花粉症の4大症状といわれています。

これは、体内に入った花粉を、排出しようとして症状が起こります。

程度には個人差があります。

秋風が吹くと、突然寒くなり、風邪を引きやすい時期でもあります。

鼻水や鼻づまりがあっても花粉症ではなく、鼻炎や風邪の可能性もあります。

花粉症の鼻水は、粘り気のある黄色や、緑の鼻水ではなく、無色の水っぽい鼻水が出ます。

目の前の事に集中できずに、夜も眠れないなど、暮らしにも支障が出てしまいます。

なお、目の周囲のかゆみは、アレルギー結膜炎で、風邪では出ない症状です。

目の周囲がかゆくなり、目ヤニや涙がでて、まぶたも腫れぼったくなります。

頭痛や倦怠感などが起こる事もありまますが、自身で決めつけず、

医者に判断してもらいましょう。

秋の花粉症て何科へ受診すればいいの?

「内科 アレルギー科」の画像検索結果

内科やアレルギー科で、診てもらいますが、症状に合わせして、

鼻の症状がひどいならば、耳鼻科、目の症状がひどい場合は、

眼科を受診してもいいでしょう。

血液中の抗体を見て、花粉症の診断が行われます。

出費は、アレルゲン検査では、3〜6千円ほどで、それに診察料や薬代が加わります。

秋の花粉症 を予防方法は?

「秋の花粉症」の画像検索結果

花粉が、粘膜に吸収付着しないようにする事大事です。

マスクをして充分にガードする事、目に入らないようにサングラス、

髪に花粉が付かないように帽子をかぶる、などが必要です。

居宅に入る場合には、衣服に付いた花粉を、払ってから入りましょう。

なお直ちにに、顔を洗って、うがいをして肌についた花粉を落としましょう。

個室には、花粉が入らないように、窓を閉めたり、カーテンには、

花粉ガードスプレーを使用しましょう。

さらにこまめに片付けするなどして、室内を花粉から守りましょう。

空気清浄機、清掃機なども、微細な花粉を逃がさないものを、選ぶ必要がありますね。