Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

転職活動して、頑張っている方もいると思います。

まだ、看護師さんとして、3年未満に当たる看護師さんは、

第二新卒の看護師と呼ばれ方をします。

1)家庭があるので両立しやすい職場に転職したい

2)新卒として入職した病院が自分に合わない

3)年々負担が増えていくだけの病棟の仕事が嫌になってきた

など、理由は様々あると思います。

そこで、皆さんが考えることは、クリニックを希望する方も、少なくはありません。

でも、まだ経験が浅い第二新卒の看護師さんが、

安易にクリニックに転職してしまうと、

何かが違うを感じて、すぐに辞めてしまうこともあるので要注意です。

そこで、本日は、クリニック希望の、第二新卒の看護師が転職する前に、

押さえておくべき、知っていくことについて、お話したいと思います。

第二新卒の看護師がクリニックに転職することで知っておくこと

 

それでは、クリニックに、転職するのは良いですが、

現実的に、知っておくべき事があります。見ていきましょう。

スポンサーリンク

休みが少ない・融通が効かない

関連画像

これまでは、病院のシフト勤務で、事前に希望休を提出すれば、

調整してもらえることも、あったかもしれません。

クリニックでは、

そもそも、代わってもらえる人が、いないということもあります。

クリニックは、少ない看護師の人数で、回しているところがほとんどですから、

希望休を取って、休みをほしいといったことが、なかなかできません。

また、有給休暇が全く取れないようなところもあったり、

クリニックによっては、土曜日も診察を行っているところもあるので、

6日間連続出勤になっているなんてところもあるので、注意しましょう。

看護技術が身につかない

「看護技術が身につかない」の画像検索結果

クリニックでは、基本的には、

外来を診療時間内に、

うまく回せるように、効率的に動くことが求められます。

病棟勤務で、身に付けるような看護技術は、

当然ながら身につかないので、

これまでに、身に付けてきたことも、忘れてしまうこともあります。

一度、クリニックに転職した後に、また病棟勤務に戻るとなると、

技術を忘れてしまっていて怖い・・・

と感じる方も多いようです。

本当に、第二新卒という時点で、

クリニックを、選んでいいのかということは、少し考えてみましょう。

給料が大幅にダウンする

「給料が大幅にダウンする」の画像検索結果

クリニックで、転職するのにあたり、給料が大幅にダウンします。

「やっぱり~」と思った方、いるかもしれませんね。

これは、仕方がないことです。

病院で働いてきた、看護師にとっては、夜勤がないことによって、

クリニックで働くことで、給料が大幅に、下がってしまうことがよくあります。

また、院長の方針で運営されているクリニックは、残業をしても出なったり、

半年以上働いても、賞与がなかったり、

長年働き続けても、退職金自体がないところもある

ので注意しなければなりません。

病院では、賞与や残業手当・退職金などしっかり出るところも多いです。

しかし、クリニックでは、少なくなってしまうので、事前に調べるようにしましょう。

クリニックに、転職することで給料を落としたくないという人は、

美容クリニックや透析クリニック、不妊治療専門クリニックなどの分野であれば、

もともとの給料設定が高い場合もあるので、考えてみてはいかがでしょうか。

残業が多く忙しいクリニックもある

「クリニック 忙しい」の画像検索結果

病院勤務よりも、クリニックで、働けば楽になれると思って、

転職をする方もいると思います。

しかし、そんなことありませんよ。

クリニックでも、忙しく院長の方針で、診療時間を過ぎても、

患者さんが来れば、受け付けてしまうようなところもあります。

病院では、日勤でも、夜勤者に交代ができたことでも、

クリニックでは、そうもいかないので、

思わぬ誤算となることもあるので、気を付けましょう。

残業が少ないクリニックを希望するのであれば、

完全予約制のクリニックの方がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

看護師は、

1年目で基礎を学び

2年目で実践できる力を身に付る

3年目で主体的な動きができ、リーダー力も身に付けていく

とされています。

この看護師としての土台を作る3年間で、

本当に、クリニックを、選んでいいのかもしれませんね。

今後、大学での看護学部の新設が相次いでいることから、

看護師の人数はますます増えていくとされています。

いつか看護師が飽和状態になってしまったら、

これまでの経験や経歴が、ものをいう時代も来るようになってきます。

家庭の事情などで、どうしても、夜勤ができないなどでなければ、

後悔のないように、転職活動がんばって下さいね。

看護師さんの悩み・健康の情報など、常に配信中

◎看護師さんの日刊メルマガ⇒https://bit.ly/2CT0HoK

◎電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド⇒https://amzn.to/2O8UfAp 

◎看護師さんの転職メルマガ⇒https://bit.ly/2Xmi3Uo