Pocket

こんにちは、荒蒔です。

さて、季節の変わり目。

新生活が始まり、環境が変わるため

『自律神経』に落ちる人が増える時期です。

そこで、自律神経とはというお話です。

季節の変わり目に、自律神経が乱れます。

季節の変わり目は日によって気温が安定せず、

日中と朝晩の寒暖差が激しい事もよくあります。

お昼に出かけた場合は、カーディガンで問題なしだったのに、

夜はコートが必要なくらい冷えてしまいます。

このように気温の差が激しいと、

自律神経を乱すきっかけにもつながります。

自律神経は、発汗など、体温すり合わせをする働きを持っています。

自律神経の仕組みと乱れるきっかけ自律神経には、

「交感神経」と「副交感神経」があります。

交感神経はストレスを感じたときに緊張したり、

運動してドキドキしたりと、

心身を活発様子や興奮様子にする神経です。

ストレスを感じやすい人は、

交感神経が過敏に反応してしまうため、

心身の調子を乱してしまうのです。

副交感神経は、心身を活発にする交感神経とは逆の、

心身を落ち着かせる神経です。

眠ったりのんびり過ごしたりなど、

憩いしている事例は副交感神経が優位に働いています。

それにより副交感神経が充分に活動していないと、

神経がのびのびする事ができず、

心身の疲れがとれにくくなってしまうのです。

ストレス状況が続くと交感神経は働き続け、

通例なら休息をとるため、

副交感神経に切り替わる場面でも、

交感神経が活発に働き続けます。

その結果自律神経のバランスが崩れてしまい、

自律神経の乱れを起こし、

カラダや心の不調を起こしてしまうのです。

自律神経の乱れで起きる症状とは、

自律神経のバランスが崩れると、

心身に色々な症状が出スタート出来ます。

症状はいくつかが併せて現れる事も多く、

日によって症状が軽かったり重かったりもします。

代表的な自律神経の乱れからくる不調をご解説します。

頭痛頭痛にも、頭総体を締め付けるような苦しみが、

襲う「緊張型頭痛」や、こめかみが脈を打つような、

苦しみを感じてしまい「片頭痛」などがあります。

自律神経が乱れると、はじめは、緊張型頭痛が、

起きやすくなるといわれています。

交感神経の活動により、肩や頭部の筋肉が緊張すると、

緊張型頭痛が起こりやすくなるのです。

その上交感神経が活発になりすぎると、休日ができた時に、

反動で副交感神経が活動的になりすぎる性質があります。

その事例、筋肉ではなく今度は脳の血管が膨張し、

神経を圧迫する事で片頭痛が起きやすくなります。

腹痛や胃の不調ストレスや緊張により、

交感神経が活発になりすぎると、胃腸の動きが弱まり、

消化器官の異常につながりやすくなります。

症状は胃もたれや胸焼け、食欲不振や便秘など、

広く消化器官に関わる不調が現れます。

長期化すると臓器の新陳代謝が弱まり、

胃潰瘍などの病の危険性も高まるといわれています。

けれども自律神経の乱れにより副交感神経の働きが鈍くなると、

深く眠る事ができなかったり、

眠りが浅くどんだけ寝ても疲れが取れない、

といった症状につながります。

気分の落ち込み自律神経の乱れは体だけでなく、

心にも影響をもたらします。

いつもよりクヨクヨしやすくなったり、

何となくやる気が出なかったり。

加えて、そのような自身にそれに対し、

嫌気が差してしまい、より深く落ち込んでしまう、

という悪循環を招いてしまいます。

うつ病に似た症状が続くため、長期的に続いたり、

症状の見極めと、適切な処置が必要になります。

心身のために非常に大事な自律神経です。

寒暖差が激しい季節の変わり目には、特に配慮をやりたいですね。

ストレスを避け息抜きタイムを増やしたり、

なるべく規則正しい暮らしを心がけるなど、

対策をとっていきましょう。

季節の変わり始めです。

皆様気おつけましょう。