Pocket

こんにちは、荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

皆さん、薬の服用時薬局で薬をもらうと、

『食前や食後に飲んでください』と、

ご理解していると思います。

皆さんの中には、食後の内服だから、食事をした後直ちに、

薬を飲んでいる人や、食間の内服だから食事中に、

飲んでいる人もいるのではないでしょうか。

でも少しばかり待ってください!

食前や食後、そして食間とはいつ頃なのでしょうか?

確認していきましょう。

薬の食前や食後、そして食間とはいつ頃なの?

薬て食前や食後、そして食間の意味とは?

「薬」の画像検索結果

薬の服用時には、主に次のようなものがあります。

食前⇒食事のおよそ30分前・食直前:食事の直前

食直後⇒食事の直ちに後・食後:食事のおよそ30分後(または以内)

食間⇒食事のおよそ2時後

就寝前⇒寝るおよそ30分前これは断っておきますがおおよその時です。

このように、正確に30分や2時間でないと、いけない訳ではないのです。

時間が少々ずれても、飲み忘れない事の方が大事です。

食前とは

関連画像

食前とは、食前とは空腹で胃が空っぽの状態です。

この様子では、食べ物や胃酸の影響を受けないため、

一般的に薬は、速く吸収され、速く影響を現します。

その代わり胃を刺激しやすく、胃を荒らしやすくなります。

食前に飲む薬には、吐き気止めや、食欲増進剤、

漢方薬(食間でも良い)、局所の経口糖尿病薬などがあります。

そして、食前は飲み忘れが多々あるので気をつけましょう。

食間意味とは

「食間」の画像検索結果

食間とは、食事中に薬を飲む事ではなく、

「食事と食事の間」という解釈で、

食事を終えて、約2時後が判断基準となります。

食後2時たった頃は、胃が消化・吸収の働きが終えているため、

胃酸の分泌が少なく、吸収もしやすくなっております。

また、食間の事を「食後2時」や「空腹時」と表現する事もあります。

食間に飲む薬としては、漢方薬のように吸収されにくく、

胃を荒らしにくい薬(漢方薬は食前でも、食間でも自身の飲みやすい方で、良いいです。)

や、胃粘膜を維持する薬、食事の影響を受けやすい薬などがあります。

しかも、食間も服用を忘れる人が多々あるのですが、

忘れた時は気が付いた時に飲むようにして下さい。

食後とは食事が終わった後、胃の中は食べたものが多くある様子で、

更に消化のために胃酸も多く分泌されています。

食事を終えて30分が過ぎた頃になると、胃の中の食べ物も少なくなり、

薬による胃への刺激が少ない様子になります。

内服薬の多くは「食後30分」と指示される事が多々あるのですが、

これは、薬が吸収されやすい状態であり、わりと胃を荒らさず、

食後に飲む事で薬の飲み忘れを防ぐ影響があります。

その上、食後は胃の血液の量も増大しているため、

薬の成分が血液とともに運ばれやすいという成果もあります。

ここで注意していただきたいのですが、

「食後」というと、たまたま食事を摂らなかった事例に、

薬まで飲まない人がいますがこれは間違いです。

決められた量の薬を飲まないと、1日の必要な量が不足してしまい、

薬の効果が、下がってしまいます。

食事を摂らなかった事例でも、

いつもの食事時に、正しく決められた薬を飲んで下さい。

ただし特例もありますので、詳細には医師の方とよく話合って下さい。

就寝前とは就寝前に飲む薬は、食前や食後の事例と違って、

胃の中の状態とは係りないのです。

就寝の20〜30分前には薬を飲むようにしましょう。

就寝前に飲む薬には、下剤(寝る前に飲むと翌朝便通がある)や、

夜間の発作を防止する薬、睡眠薬などがあります。

用法・用量を正しくと守って下さい。

薬は決められた量、回数、飲み方(食前、食後、食間など)を守らなければいけません。

決められた量よりも多く飲んだり、短い間隔で飲むと、

薬が効きすぎて副作用を起こす原因につながります。

加えて、少なく飲んだり、間隔を長い間あけて飲むと、

充分な成果が現れないのです。

ですから、決められた分量や回数はキッチリと守って下さい。

薬によっては、量や服用時にそれほど、神経質にならなくても、

よいものもありますが、正しい飲み方かどうかは、

医師に必ず相談して下さい。勝手な判断はいけません。

自分勝手に調節する前に、最初に自らの症状を、

医師に正しく伝える事が重要です。