Pocket

こんにちは 荒蒔です。

皆さん、こういうことありませんか?

「結局、最後まで薬は使わなかったので、その分返金してほしい」

薬局には、たびたびこう言って、薬を持参される方がおられます。

けれども、薬局で要らないな薬を、廃棄する事はできても、「払戻し」する事はできません。

「納得がいかない」と言う方もいるでしょう。

しかし、日本全国どこの調剤薬局でも、同じ返答しかできません。

法的に、調剤した薬についての払戻しは無理なのです。

「返金」に応じられない法律上の理由

調剤薬局では、処方箋に基づき調剤し、薬をお渡ししています。

この行為は、単なる商品の売買ではなく、健康保険法上で「療養の給付」に関わるものとして、診察や治療と同じくに位置づけられています。

※療養の給付

健康保険の被保険者が業務以外の事由により、病気やケガをしたケースに、

健康保険を使って治療を受ける事です。

1)診察

2)薬剤または治療具材の支給

3)処置・手術の他の治療

4)在宅で療養する上での管理、その療養のための世話、それ以外の看護

5)病院・診療所への入院、その療養のための世話、他にの看護 

事前に行われた診察や治療を、さかのぼって無かった事にできないのと同じくに、

調剤薬局で「療養の給付」として渡した薬も、返金可能な特質のものではないと解釈されます

医療用麻薬が良い例です。

使用している患者が死亡した事例や、

遺族は残った医療用麻薬を「キャンセル」しなければなりません。

残った医療用麻薬は、免許を持つ者が他者立ち合いの下、

回収ができない方法で廃棄し、都道府県知事に廃棄届を提示する義務があるからです。

ただし、この時でも遺族にそれに対し「返金」する事はできません。

キャンセルされた薬は廃棄するしかありません。

返品された薬は廃棄するしかない、品質管理上の問題

品質管理上の問題 「飲んでいない薬であれば、キャンセルされたものを廃棄せず、

再活用可能なのではないか」という考えも聞きます。

ただし、品質管理上の理由などにより、キャンセルされた薬は再使用できません。

医薬品は、会社で製造された後、卸業者を介して薬局に届き、

患者さんの手に渡るまで、徹底的な品質管理が行われています。

薬局でも、薬剤師が薬ごとに適切な手段(温度・湿度・遮光など)で保管し、

流通経路や製造ロット番号、使用期限や有効期限といった点まで管理を行っています。

「薬 賞味期限」の画像検索結果

いったん薬局から渡した医薬品は、家庭における管理状況が不明で、

品質が移り変わりしている見込みがないとは言えません。

なお、別の流通経路からの医薬品と混ざってしまう、製造ロット番号などが、

分からなくなってしまうといった事例も起こり得ます。

たとえ、渡してから数分程度しか経過していなくても、その医薬品に対する、

異物混入の危険性も、考えなければなりません。

患者さんの「キッチリと管理していた」、「異物混入などしていない」という主張は、

ごもっともですが、それを品質の根拠として、キャンセルされた医薬品を、

再び流通に乗せる事は、医薬品の適正な流通を司る薬剤師として必ずにできない事なのです。

薬が余ったら…次の処方薬を受け取る前に病院・薬局に伝える

 飲み忘れなどによって、薬が余ってくるという事態はよくあります。

その場合は、病院や薬局で次の薬を受け取る前に、医師・薬剤師に伝えてください。

今回の処方から差し引いて薬を出してもらうことができます。

この場合、差し引かれた分の薬代も安く抑えることができます。

ただし、「白っぽい血圧の薬がたくさん残っている」といった伝え方では、

どの薬か特定不能なため、差し引いた処方・調剤はできません。

「どの薬が、どれだけ余っているのか」が正確に伝わるように、

お薬手帳に残っている薬の数を記入するなどして、医師・薬剤師に提示してくださいね。