Pocket

こんにちは 荒蒔です。

本日は、認定看護師についてお伝えします。

看護師や他部署への指導など、病院内での活動範囲が広がる昇進に

添加の影響がある夜勤が減ったり、免除になる事や病院外の仲間が

増えるメリットがあります。

認定看護師になるには、どのような道のりをたどるのでしょうか?

見ていきましょう。

スポンサーリンク

認定看護師教育課程

「看護師」の画像検索結果

看護師は、「認定看護師教育課程」で半年間学び、

「認定看護師認定査定」

の受験資格を手に入れ、認定看護師になるためには、

“5年以上”という看護経験が不可欠です。

認定看護師資格を取得するためには、

以下の4つの前提を達成しておく必須があります。

1.看護師資格を保有している

2.看護師の実務経験が5年以上ある

(うち3年以上専門分野での看護経験が必要。

3.「認定看護師教育課程」で半年間学び、

「認定看護師認定審査」の受験資格を手に入れている

4.「認定看護師認定審査」に合格している

上の前提にも書かれているとおり、「認定看護師教育機構」に

入学できなければ、認定看護師への道は開かれません。

だから、新人の看護士さんが「私、認定看護師になります!」

と言っても理不尽なのです。

認定看護師教育機構

「看護師」の画像検索結果

認定看護師教育機構の領域は丸ごとで、21個に分かれていて、

救急看護や訪問看護だけでなく、緩和ケアや不妊症看護など、

色々な専門があります。

つまり、認定看護師は、

“特定方面に強いプロフェッショナルな看護師”

になるための資格なんです。

その上、認定看護師になるために不可欠なもう一つの関門が、

「認定看護師教育組織」への入学です。

この認定看護師の資格、2015年現時点で、累計で約1万6000人もの

看護師が取得しています。

つまり、認定看護師は、助産師につぐ高評価の資格だという事です。

認定看護師とは

「看護師」の画像検索結果

認定看護師とは、救急看護や訪問看護など、

特定の看護のフィールドにおいて、熟練した

看護技術”と“知識”をもっていると認められた看護師の事です。

その中でも、感染管理看護師は、大抵病院などの医療組織に所属し、

ドクター、薬剤師などと院内感染対策チームや同じくの委員会などを

構成して、普段の看護業務や病院内全般における院内感染の

防止など感染症対策を行う看護師のことです。

病院には、20代の若い感染管理看護師さんもいます。

これから若い人たちが活躍できる、社会になって欲しいものです。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル
院内感染の予防対策を知りたい方は、メルマガ登録お願いします。

メルマガ看護師さんのための感染予防メルマガ