Pocket

負けるな!!サムライブルー!!男性看護師の悩みのすべて

こんにちは 荒蒔です。

看護師さんといっても、女性のイメージが強いですよね。

もちろん、男性の新人看護師さんもいます。

そこで、私も男性ですが、男性なりの職場の悩みとはどのようなものがあるか?

私なりに、調べまとめてみました。

近頃では、男性看護師の人数が増大してきました。

日経新聞によると、2013年時点で約6万3千人とされていて、

10年前に比較して驚いたことに2.4倍の男性看護師が増加した事になるそうです。

看護師は、女だけの職業というのは、遠い昔のお話ですね。

男性で看護師さんになった理由として、

◎医療に貢献したい

◎看護を通して患者さんの役に立ちたい

◎安定した専門職につきたい

◎経済的に安定収入を得たい

◎昔からの憧れの職業だった

などがあるのですが、その中でも多いのは、

経済的に安定しているから、ということが一番多い理由です。

ですが、こうした志を持って、看護師になったものの、

男性だからこその、悩み事があるそうです。

男性看護師が急激に増大したとはいえ、1つの病院の中では、

ほぼ1割くらいの比率でしかないのです。

男性看護師からしてみれば、まだまだ女子ばかりの世界ですから、

苦労は絶えないという事はすごく分かる気がします。

男性看護師が辞めたくなるほどの困りごとは?

男性看護師が、新卒で入職した病院を、

辞めたいと思ってしまうほどの苦痛は、どういった事があるのでしょうか?

◎女子の患者さんに拒否される

患者さんの清拭やケアなどで、男性だからという理由で、

拒否をされてしまう事が、たびたびあります。

特に若い女性では、男性側から気を遣って、別の女看護師を捕まえて、

代わってもらったりという事も必要で、業務に支障をきたしてしまう事があるようですね。

そうすると、周囲の女子看護師から、業務量が増大したと、

文句を言われたりする事もあるようで、居場所がないと、

考えをしてしまう男性看護師さんもいるのです。

◎女の人間関連についていけない

病棟で働いていれば、周りはほとんどが女性です。

女子看護師には、気の強い人も多くいるので、

女子看護師からの指導が厳しすぎてつらい…

という事があります。

業務ができなかった時には、ここぞとばかりに、

「男のくせに…」と言われたり、男性としての自負を、

傷つけられてしまう方も、少なくないのです。

そして、女だけで誰かの、陰口や悪口を言っている様子を見る事も多く、

ネチネチした人間関連に、嫌気がさしてしまう事があるようです。

◎細かなことが苦手で精神的にきつい

男性には、細かな事が、

弱点だという方も多いそうです。

配属先によっては、細かな手技が必要なところもあります。

緊張感にいつもさらされて、必ずにミスを許されない職場ともなると、

重圧が精神的にきつくて、ストレスを抱え込んでしまう男性看護師さんも少なくないのです。

力仕事を任される事が多くて、つらい男性は、力仕事の場面において、

頼りにされる事がよくあります。

体格の大きい患者さんや、体にマヒがある患者さんなどを、運ぶことを必要とされ、

呼ばれては、手伝わされるという事も多いそうです。

体力に自信があればいいですが、男性だって時にはつらい時もあります。

それでは、男性看護師による転職先はどのようなものがあるのでしょうか?

それは、次回お伝えいたします。暑い日が続きますが、無理なく頑張っていきましょう。