Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

これから、超高齢化社会に突入ですが、

看護師としての、

必要な資格が、介護福祉系資格です。

介護福祉の分野の知識や、技術を持った専門家が病院、

福祉施設、保健所などで、必要とされ、人手不足が問題になっています。

そこで、今回は、ケアマネージャーと、介護福祉士について紹介します。

スポンサーリンク

ケアマネージャー

「ケアマネージャー」の画像検索結果

まずはじめに、ケアマネージャーです。

資格の取り方と、仕事内容を見ていきましょう。

ケアマネージャーは、都道府県が認定する資格です。

ケアマネージャーを取得する資格として、看護師として、5年以上の実務経験、

または、  生活相談員として、相談援助の5年以上の、実務経験が必要です。

その後、年に一度、都道府県ごとに開催され、

「介護支援スペシャリスト実習受講試験」に合格した後、

  「介護支援専門実習」を完了する必要があります。

各県で介護支援専門員として、

登録されている場合、 介護支援専門家のカードが発行されます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護を必要とする人や、

家族に耳を傾け、

あなたの状態に応じて、ケアサービスを、受けることができます。

福祉や医療、介護などは、サービス計画書を立案します。

サービス事業者との、調整を行うことが主な仕事です。

また、介護者に適した、サービスが実施されているか、

状態の変化や、経過を見守り、必要に応じて、

プランの変更を提案するなど、介護に関する、

コーディネーターとしての、役割も担います。

オススメ資格サイト:ケアマネジャー試験講座

介護福祉士

「介護福祉士」の画像検索結果

介護福祉士は、国が認定を行う国家資格です。

試験を受けるためには、実務経験が、3年以上あることが必要となります。

資格の取得には、いくつかのルートがあります。

また、国家試験は、年に1回、全国の試験地で、実施されます。

1.福祉高校からの場合

福祉高校を卒業した場合、カリキュラムに応じて、

筆記試験または、実技試験のみ必要であれば、資格試験が行われます。
2.養成施設からの場合

文部科学省と厚生労働省が指定する、介護福祉士養成施設で、専門知識を習得します。

資格を取得した場合、実技試験は、免除されます。

卒業後、筆記試験を受けることができ、合格すれば資格を、得ることができます。
3.実務経験からの場合

これは、病院や福祉施設で、3年以上の実務経験を積むことにより、

介護福祉士になるために必要です。実技試験は、免除されます。

介護福祉士は、食事、入浴、排泄、歩行、介護者(家族やヘルパー)からの相談など、

介護が必要な人に、アドバイスをします。

主な仕事は、支援することです。

介護と福祉の質が、

疑問視されており、介護福祉士の需要が、加速しています。

そのため、管理能力や専門知識を発揮し、要介護者の、

生活全体(身体介護、生活援助、相談支援)を、

サポートすることが求められています。

オススメ資格サイト:介護 資格ならきらケア | 働きながら介護資格が取れる‎

まとめ

介護と福祉の国家資格である、ケアマネージャーと、

介護福祉士は、ますます、需要が高まっている職業です。

専門的な知識と、技術スキルを習得したことに加えて、

コミュニケーションスキルや、管理スキルなど、

チームの医療に、参加するために、必要なスキルを取得する必要があります。

看護師は、そのような資格を取得することにより、

仕事のスタイルを、広げることもできます。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ