Pocket

平成26年7月に、東京ビックサイト会場の国際モダンホスピタルショウ に、

出展していました。

そこに、鈴与(株)様の営業の二人が、(有)アラ ショウブースへ来場して頂きました。

その理由として、今現在、北里大 学病院に鈴与(株)が、

リタンペール(感染性廃棄物の耐熱性容器)を 提案中で、

平成26年3月に北里大学病院様に、弊社のアラショウホル ダーが、

250台導入実績を病院側から、鈴与(株)様にも伝わっており、

どのホルダーが採用されたのかを確認したいとの理由でした。

そこで、 弊社のホルダーは、他社と比較して耐久性が優れており、

どのような サイズの感染性医療廃棄物容器でも対応ができる、

壊れても部品 交換で継続使用できることの特長を伝えました。

それから、鈴与(株)が今現在、東京慈恵医科大学葛飾医療センタ ーへ、

ホルダーを提案中でした。昨年、弊社独自で提案と持ち込みデモ しました。

アラショウホルダーのどんな容器にも対応できる、

オールマ イティーホルダーの良さは確認していたのですが、

商談にまでにいたりません。

しかし、鈴与(株)は、収集運搬を含めた総合提案で、

アラショウのホルダーをご提案していただき、

139台の納品実績が 出来ました。