Pocket

こんにちは、荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

院内感染を避けるために、重要なのは

それは、手を洗うことです。

単純な事かもしれませんが、かなり重要です!!!

その重要な、理由について、お話します。

院内感染の最大の予防は、手洗いが重要です

お見舞いは院内感染に要注意

「お見舞い 感染」の画像検索結果

病院への来訪者、つまり、お見舞いに来た方です。

感染症に必要になる危険性は低いと言われております。

逆に、来訪者の保有している病原菌に、

患者が感染する危険性は、はるかに大きいです。

そのため、病気にかかっている人は、必ずお見舞いに行くべきではないのです。

なお、医療組織を来訪する人は皆、

入念な、手洗いといった普通な感染防止対策を実践するべきです。

それに加えて、患者を訪問するときには、

病室内で、ガウンや手袋を着用するなどの対策が、

必要となる場合も、考えられています。

来訪者が、基本的なもの以外の、対策をとる必要がある事例は、

患者の治療を担当している医師に、アドバイスを貰いましょう。

感染性したら、真っ先に手洗いです

「手洗い」の画像検索結果

感染性による手洗いの重要性で、

真っ先に取り組むべき対策は、どのようなことでしょうか?

病気に感染するのは、大体の原因は、

ウイルスが付着した物の、表面を手で触れたのち、

手を洗う前に自らの顔や、口、鼻、目などを触ってしまった時です。

それにより、私たちが遭遇する大部分の病気については、

単純な手洗いがもっとも、成果的な防止対策になります。

潔癖症とは言いませんが、手を消毒するまでは、手で顔を触れないよう、

いつも意識して気をつけるべきです。

手で顔を触る癖を直すのは、かなり困難な事ですが、

これを実践すれば、きっとためになるはずです。

また、病院などでもあります、

手の消毒用ジェルは、手を清潔に維持するのに役立ちます。

アルコール含有量が70%以上のものは特に影響があります。

消毒ジェルは医療組織で広く使用されており、

風邪やインフルエンザなどのウイルスを死滅させる成果もあります。

入院中の知人を訪問するとき、消毒ジェルを見かけたら、

それを使って手を消毒するのは、エチケットとも言えます。

しかし、覚えておかなければならないのは、

消毒ジェルがすべての菌を殺してくれるわけではないという点です。

ノロウイルスや、胃インフルエンザのきっかけウイルス、

重い下痢や腸の問題を引き起こす病原菌などは、

消毒ジェルを手に付けても死滅しません。

やはり、重要なのは、手を洗うことです

加えて、手が見るからに汚れている時は、

消毒ジェルの成果が低くなるといいます。

消毒ジェルを使用しても、病原菌を拡散してしまうだけです。

ですので、とにもかくにも手はちゃんと洗うよう心がけましょう。

入院中の知人を訪問する時 このルールを守って下さい。

入院中の知人を訪問する時は、

どのようなルールを、守れば良いのでしょうか。

確認いたしましょう。

1)自らが病にかかっている自覚がある時は、決して見舞いに行ってはならない。

2)入院中の知人の個室に入る前に、手洗いや手の消毒をする。

3)担当医による感染防止についての配慮に絶対従う。

4)病室を出る時に、手洗いや手の消毒をする。

皆さんもどうぞ、必ず習性づけてください。

自分自身が病にかかっていて、入院中の身内に会いに行けないのなら、

電話で話したりして、安心させて下さい。

重要な人が入院している時に、

お見舞いに行くのを我慢するのは、つらいかも知れません。

しかし、自らにとっては、

ささやかな鼻風邪でも、入院中の相手にとっては、

大きな問題になりかねないのです。

病院では、心もとないな事が豊富にありますが、

若干衛生対策を心がけるだけで、見舞いするあなたにとっても、

入院患者にとっても、大きな感染予防法が発揮可能なのです。

たかが手洗い。されど手洗い。手洗いは重要なので、

皆様こころがけるようにいたしましょう。