Pocket

こんにちは、荒蒔です。

今回は、『飛沫(ひまつ)感染と空気感染の違い』について述べたいと思います。

この前、私のブログで、はしかについて書いた所、とても反響が良く、

皆様が、興味があるものだと思いこのテーマにしました。

いつも、読んでいる読者の方、ありがとうございます。

マスクの種類が多いため、画像が見れるようにしてあります。

わからない方は、クリックをお願いいいたします。

周囲に広げないで下さい!?最も感染力が強いウイルス麻疹(はしか)

そこで、皆様少しクイズですが、

飛沫感染と空気感染は一緒なの?◯か×どっちでしょう?

正解は、

正解は、×です。

飛沫感染とは、病原体を含んだ分泌物(飛沫:5μm以上)を吸い込む感染経路です。

飛沫は水分を含んで重いため、1m位で落下します。

1μmマイクロメートル=1000分の1mmです。

飛沫感染による主な感染症は、風邪、インフルエンザ、風疹、細菌性肺炎などです。

飛沫感染の感染予防策は、スタンダードプリコーションに加えて、

感染者、看護者ともにサージカルマスクを着用します。

感染者と他者(他の活用者など)は、1m以上距離をあけなくてはなりません。

飛沫感染を起こす感染症は、病原体を含む、分泌物に触れる事によっ、

て感染する接触感染の対策も必要です。

一方、空気感染とは、飛沫の水分が乾かすした微粒子

(飛沫核:5μm未満)を吸い込む感染経路です。

飛沫核は、水分が乾かすして軽くなっているため、

1m以上、かつ長時間空気中に漂います。

空気感染による主な感染症は、結核、麻疹、水痘、レジオネラ症などです。

空気感染の感染予防策としては、スタンダードプリコーションに加えて、

特に菌を出している結核の場合は、空調管理の可能な個室に隔離にします。

入院が必要で、感染者は、サージカルマスクを着用し、医療関係者は、

高性能マスクを着用します。

サージカルマスクとは、織っていない布(不織布)を使っているマスクのことです。

不織布は、繊維そのものを熱などで、留めしたり、複雑に絡ませてあるので、

布のマスクよりも空きが少なくなっています。

サージカルマスクの性能を表す指標として、

約3μmの粒子の菌を通さない、特長があります。

飛沫の大きさは、約5μmであるため、装着している人の、

飛沫を広げない影響が見込みできます。

ところで、スギ花粉の大きさは30〜40μmで、PM2.5は名前の通り2.5μmです。

米では、サージカルマスクの規格を、BFE95%以上と規定しています。

BFEとは、花粉・せきやくしゃみをした時のウイルスのことです。

BFE95は以下に述べるN95マスクとは、ニュアンスが異なる点ますので配慮をしましょう。

N95マスクとも言われる高働きマスクは、そしてフィルター働きを強化して、

0.3μm以上の微粒子を通さない比率が、95%以上のマスクをさします。

また、耐油性、防油性があるものもありますが、医療機関では、

耐油性は必要ないという事で、耐油性がないものを選択します。

両方のマスクは、あくまでですが、素材の機能の基準があるだけです。

隙間がないよう、しっかりフィットさせることが大事です。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ