Pocket

こんにちは、荒蒔です。

サプリメントの食べ合わせがあるのをご存知でしょうか?

以前ブログで

薬は正しく飲みましょう!!危険な組合せのご紹介をいたしました。

もちろん、サプリメント同様、食品や医薬品など、

まとめ合わせによって影響がなくなったり、

ヘタをすると副作用が出てしまう事もあるのです。

正しい知識をもって、上手にサプリメントを採りいれましょう。

影響UPが見込み可能なサプリメントの取り合わせを、

いくつかご紹介いたします。

スポンサーリンク

ビタミンe+ビタミンC

この両者は一緒に取る事で抗酸化影響がアップいたします。

ビタミンB群を一緒に取る事で、他にも影響があがると言われており、

この組合せは、とてもよく吸収されやすくなります。

鉄分+ビタミンC、マンガン

銅疲労回復効果が高くなり、貧血などの改善や頭痛にも効果的です。

ビタミンBは単体で飲むよりも、

他のビタミンB群とあわせて飲む

ほうがさらに効果があがります。また、

ビタミンB群+ビタミンD・カルシウム・

マグネシウム・ビタミンB2、ビタミンB6

・ビタミンC・亜鉛・ビタミンA

がエネルギー代謝の相乗効果が期待できます

その他に、

β―カロテンやビタミン+牛乳吸収率が急上昇する

、という実験結果がでております。

また、間違ったサプリメントの組合せもございます。

それは、

植物繊維+ビタミンやミネラル植物繊維を大量に取る事です。

これは、ビタミン・ミネラルの吸収が阻害される危険性があります。

例えば、イチョウ葉エキス+アスピリンや、

お茶やコーヒー、ジュース+鉄分の組合せは、お茶に含まれている、

タンニンが鉄分と化学反応をおこし、吸収を悪くいたします。

サプリメントは、間違えたとしても、薬ではないという事です。

もちろん、食事そのものの代わりにはならないし、

サプリメントに薬の効能を求めるのは間違っています。

サプリメントというのは、栄養が足らないのを、補うために

使用するという事を覚えておきましょう。

また、正しいサプリメントの飲み方・選び方

1.コップ一杯の水で飲みましょう水は胃を刺激して運動を高め、

栄養を早く小腸に届ける。

2.食後30分以内に飲みましょう。

食べものと共に吸収されるので、効率がアップします。

3.やたらに数多く飲まない事。

過剰摂取で健康障害を起こす事があります。

4.うまく飲みあわせて、影響UPを意識しましょう

5.変質してしまわないように、冷暗所に保管して下さい。

6.成分表示を充分に検証しましょう。

同じ成分でも含有量などに差異があります。

7.小さいこどもに飲ませないよう、

手の届かいい場所に保管しましょう。

間違っても、大人向けのサプリメントを与えると、

過剰摂取の危険につながります。

8.妊初期のビタミンAと喫煙者のβ―カロテン摂取は避けましょう。

妊初期にビタミンAの摂りすぎは、赤ちゃんの奇形の見込み、

喫煙者のβ―カロテン摂取は肺がんの危険性が高まる確率があります。

もちろん、皆様わかってると思いますが、

自己判断でむやみにサプリメントを

取るのは危険です。また、病気持ちの方は、

必ず医師に相談して下さい。

何度も言うようですが、

サプリメントは薬ではありません。

自分自身に足りない栄養を補給するものです。

薬もサプリメントも、正しい飲み方を知り、

健康な体つくりをいたしましょう。

電子書籍:新人看護師 1年目の過ごし方 10の悩み解決法

     看護師さんのための感染対策マニュアル

     看護師さん専用 転職ガイド Kindle版

メルマガ:看護師さんの日刊メルマガ