Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

30代の看護師ともなると、病院でもそれなりに、

中堅としての立場として、扱われるようになります。

経験も積んで、戦力として、

捉えられている方も多いでと思われます。

しかし、この新人指導が、負担になって、

疲れてしまっている、30代の看護師さんが、多いようです。

限界を感じている、看護師さんも多いです。

どのような、新人看護師さんが、

辛く感じるのか、見ていきましょう。

また、新人看護師さんも、注意してください。

30代の看護師 新人指導の悩み

 

30代の看護師さんが、新人看護師さんを、

指導することによって、辛いと思うとき、どういう事でしょうか?

新人看護師さん 他人事では、ありませんよ!!

スポンサーリンク

辛いと思う新人看護師

学習意欲がない新人看護師

何度も教えても、技術を習得できない、

覚えようとしていない、新入看護師さんが増えています。

教えても、同じ間違えをしてしまい、自己学習をしていません。

教えても、理解していなくて、結局、新人のやる気が低いため、

30代の看護師は、ますます、疲れています。

プライドが高い新人看護師

新人看護師さんには、一生懸命学ぶ人もいれば、学ばない人もいます。

間違いを指摘しても、新人看護師さんの中には、

自分の過ちを認めず、教えられていないと、主張する人もいるので、

どうのように教えたらよいか?困惑しています。

厳しく指導するとつぶれる新人看護師

ミスをすると、患者に、不快感を与える可能性があり、

最悪の場合には、生命を、脅かす可能性があります。

教える側として、厳格な指導を行う、必要がある場合があります。

ただし、これは、やりすぎると、

新人看護師さんは、すぐに泣く傾向があります。

そして、自信がなくなり、

強い指示を受けて、挫折したり、混乱する可能性があります。

言葉の終わりには、優しく教えてあげ、アドバイスをしてあげましょう。

厳しさややさしさのコントロールが難しいので、

心配している看護師も、多いのが現状です。

指導をしていて言われること

指導力不足だと評価される

新看護師さんの教育が、

不十分だと指導の責任が、問われる職場があるようです。

いくら教えても、覚えられないし、

勉強していない、新人を教えても、成果は出ません。

ただ、上司に相談しても、

指導力がないと評価され、板挟みで苦労している人もいます。

辞めていく新人と繰り返される指導

新人看護師さんを、どれだけの指導をしても、

ようやく育ったと思っていると、辞める人が、何度もいるため、

落ち着くのが、難しい場合がよくあります。

このような状況が続くと、つかれよわるり、負担になってしまいます。

キャパを超えている気がする方へ

行うことが、できない場合でも、

一生懸命、教えているのであれば、

すんなり理解できる、新人看護師さんも、でてきます。

指導者として、教えることは、価値があるかもしれません。

しかし、すべての新人看護師さんが、そうするわけではありません。

新人指導が、めんどくさくなります。

また、ストレスで、体調不良になっている場合は、

看護師長さんに、辞退するよう、相談しましょう。

やはり、自分自身が疲れたり、

つぶれたりしないことが、一番大事です。

続けていけるかどうか?考えてみてください。

まとめ

新人看護師に、どれだけ変わってほしい!

と願ったとしても、そうなる保証は、ありません。

むしろ、あなたは、期待すればするほど、

疲れてしまうので、期待しすぎても、良くありません。

新人看護師さんを、

見守るようにしてみるのも、良いと思います。

オススメ転職サイト 

1位 看護師の転職サポート マイナビ看護師 

2位 ナース人材バンク。安心の上場企業が運営   

3位 看護師の派遣求人なら【看護のお仕事派遣】
電子書籍2冊+無料レポートの3大特典⇒ 全国の看護師さんを応援メルマガ

新人看護師 転職攻略法note

看護師 面接対策講座 質問集 プレゼント