Pocket

こんにちは 荒蒔です。

本日の業務 お疲れ様です。

新人看護師1年間お疲れ様でした。

耐えた看護師さんは、尊敬にあたいします。

たくさんの経験をしてあっと言う間に、

一年が過ぎ、2年目になった看護師さん。

しかし、2年目ならではの状況や、悩みがあるようです。

それはどのようなものなのでしょうか。

見ていきましょう。

4月から看護師2年目になりました

スポンサーリンク

新人看護師さん達の頼れる存在に

あなたも憧れられているかも!?後輩が好きな*.゜。:+先輩看護師*.゜。:+ ...

2年目にいる看護師は、

新人看護師ときよりも、多くのことをする必要があります。

自分が、2年目なんですけど、成長しているかどうか?心配するかもしれません。

しかし、それでも大丈夫です。というか、むしろ、さらに不安になること当たり前です。

  2年目は、場所やモノの使い方など、職場のルールの基本を学びます。

あなたは、おそらくあなたが、新しい人だったときを知りませんでした。

また、患者さんとの関わり方や、日常の看護の経験も豊富です。

新人看護師さんが、新しいく加わったとき、右も左もわかりません。

しかし、新人看護師より、基本的なものを見つけるほど、

忙しいと思われる、高齢者から聞くのは難しくなります。

このような、新しい看護師にとって、

2年目の看護師は、比較的話しやすく、頼りになる機会が増えます。

また、2年目になると、先輩になり、新人扱いされません。むしろ信頼されます。

2年目は、

「失敗が多い」「先輩が間違えやすい・痛い」「やめたい…」

などと、悩む看護師が多い。

1年で成長しているのに、さらに、複雑な悩みになってきます。

二年目だからこそ、起きる失敗?

看護師の転職の落とし穴?失敗した後ではもう遅い! | コメディカル ...

これは、知り合いの看護師さんから聞いたお話です

2年目は、重症患者への看護、困難な患者への対応、

日々の患者数の増加など、必要な看護内容の、質と量が増加するなど、

初めて入社した時と同じように、日常の介護では、

わからないことや、できないことが、次々と出てきます。

それは、仕方がない事ですよね。

新入生の時は、

先輩に、看護計画を、よくチェックしてもらい、

意識的に、先輩が自分の行動に、

気を配っていたこと、ありませんか?

やはり、2年目には、先輩の目が消えますが、まだ経験はありません。

学習不足、必要な情報収集ができない、

評価不足など、様々な原因が考えられます。

不適切な看護計画を策定し、

誰にも、相談することなく実践すると、失敗しますので、ご注意を。

焦らずみんなの力を借りましょう

人々の健康を守る「看護師」に向いている人の特徴とは?

しかし、2年目の看護師は、まだ成長します。

先輩のフォローがなくても、自分で何でも、やろうと誰でも、思いますよね。

しかし、チームメンバーの助けを借りて、

あなた自身も声をかけ、看護を実践してください。

もちろん、日常の看護業務で、不慣れな業務をしているときや、

過去に、苦手なことや、失敗したことが気になるときは、

自分の考えや意見、計画に基づいて、先輩に相談しましょう。

先輩の同意が得られれば、自信が持てるし、

訂正があれば過ちや、介護を防ぐことができます。

誰に、相談すればよいかを、確認するのが大切です。

また、リーダーやアドバイザーである、看護師も気にかけます。

また、日々の看護業務を振り返り、弱みや強みなどの、

課題や積極的に、行いたい課題を整理し、

周りの方に、伝えることが重要です。

周りの、先輩看護師さんに、

あなたの状況を理解させることで、フォローしやすくなります。

さらに、短期的な、目標だけでなく、長期的な目標も作成します。

新入生の時は、先輩看護さんから、チェックされ、

新人目標の達成度を、評価されたと思います。

2年目からは、先輩看護師さんからのチェックはされません。

自己評価だけではできないことは、簡単にわかりますが、

他人から客観的な評価を受けて、自分の強みや成長点を、確認することも、できます。

◆おわりに

2年目も、多く学んできたと思っていると思います。

あなたは、厳しい、1年目を乗り越えるために、

一生懸命頑張ってきた事を、思い出して下さい。

そして、これから先輩・後輩と協力し合って、看護に取り組みましょう。

悩みを解決し、喜びを分かち合うことで、

チーム全体の成長につながり、より質の高い看護につながります。

2年目も頑張っていきましょうね。