Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

本日は、40代の新人看護師さんの転職についてです。

世代名を調べたところ、

バブル世代(1965-1969)45歳~49歳

団塊ジュニア世代(1971-1974)40歳~43歳

と言われております。

しかし、40代の新人看護師さんは、入職した病院が合わなくて、

早期に、辞めてしまう方も多いのが現実です。

その理由として、

1)仕事の覚えが悪くてなかなか慣れない

2)人間関係が悪いのは、ある程度承知していたが、

           まさかここまでとは思わなかった

3)急性期の一般病棟で経験を、積みたかったけどついていけない

4)夜勤のある生活が体力的にしんどい

5)長時間勤務の夜勤は集中力が続かない

40代の新人看護師さんは、特に、年齢的な体力の衰えを、

感じてくることが多く、頭が回らない…ということがあります。

40代の新人看護師が早期に離職してしまうと、

次の転職先はあるのだろうか?と不安になりますよね。

それでは、40代看護師さんの転職事情を見てみましょう。

1)40代看護師さんの転職事情

40代の新卒の新人看護師が、3年未満に退職して転職するとなると、

第二新卒として、見られることになります。

看護師は3年経験して、やっと一人前として、

みなされることが多いので、早期に離職することは、

まだまだ教えてもらう身として、転職しなければいけません。

40代で、経験豊富なベテラン看護師であれば、

転職する確率は高まりますが経験がほとんどないとなると、

どこへでも再就職ができるというわけにはいきません。

ここで言えるポイントは、

1)第二新卒枠の採用があるかどうか

2)40代の新人看護師でも受け入れてもらえるかどうか

という事がポイントです。

求人情報を見る限り、年齢制限を書いて、

出しているようなところは、あまり見かけないと思いますが、

看護師の転職の原則として、年齢制限を求人に出すことは、

禁止されているということがあるために、

書いてはいないからという所が多いのです。

でも、実際には、20代の若い看護師が、ほしいというような病院もあります。

40代の新人看護師が、希望した医療機関を受けてみると、

書類選考で落とされてしまったり、

場合によっては面接に行ってから、年齢で、

落とされるというようなことが、よくあるそうです。

このようなことが続くと、転職活動もなかなかスムーズにいかなく、

自信を失くしてしまいますよね。

病院の常勤求人自体は、多くありますが、

40代になると、20代や30代に比べて、

求人数も少なからず減っていきます。

表立って年齢制限はしていなくても、裏ではしっかり、

年齢制限を設けているような医療機関もある

ために、この選別というのが、自分一人で、転職活動をすると、

難しくなってしまいます。

ですので、転職サイトのサポートを受けて、

40代の経験が、浅い新人看護師でも、受け入れがある病院を、

先に探してもらい、良い職場を探せる転職活動をしましょう。

2)40代 新人看護師の転職先多い求人て?

40代の新人看護師が、今の職場の何が理由で辞めたいのか、

あるいは、退職したのかによって、転職先も大きく変わってきます。

現在、急性期病院で勤めている方の多くは、

回復期や療養病棟を希望して、転職先として選ぶ方が多いです。

その中でも、

夜勤はもうどうしてもきつい・・・そういう方は、

クリニックなどへ、転職する方もいます。

40代からの転職は、身体のことを無視するわけにはいかないので、

慎重にいくつかの転職先候補を、見比べて決めていきましょう。

そしてまずは、

自分の辞めたい理由に向き合うこと!

これが何より大切と言えます。

転職するのであれば、転職サイトを利用して、

転職活動をしましょう。

頑張っていきましょうね。応援しております。