Pocket

7月に退職を考えている新人看護師さんへ

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

7月というこの時期は、看護師の世界では、退職者が出る時期だそうです。

新人看護師で退職者が出るだけでなく、経験のある看護師でも、

賞与をもらって退職するような人が出てきます。

新人看護師7月退職もしかすると、一緒に働いていた先輩看護師の中には、

7月に辞めていくという人も、ちらほら見かける事もあるかもしれません。

そこで、本日は、7月の退職理由を見ていきましょう。

オススメ転職サイト

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師 

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事
スポンサーリンク

辞めちゃって大丈夫なの?

経験がそこそこある2年目以上の看護師さんの場合は、賞与をもらう事が可能なので、

7月に賞与もらって、退職する事を決めている、計画的退職の方がほとんどです。

その時は、転職活動も4月や5月には、事前に動きスタート出来ていて、

早い人では、次の転職先は決まっている状況という方か、賞与をもらって退職した後は、

しばらく休んでそれから、転職活動を始めようという人もいます。

でも、経験の浅い1年目の看護師の時は、計画的に考慮して退職したというようりも、

入職最初から、辞めたいと考えていて、7月まで来てしまったという方が多いです。

もったいない!実にもったいない!と私は感じます。

『石の上にも三年』ということわざがありますが、社会人として、

3年間最低でも我慢しなさいと、言われてきました。

昭和の親父て、思われる方多いと思います。

経験が浅い新人看護師であれば、辞める前に、次の転職先を決めておく事が基本です。

次の職場を決めてないでやめては、いけませんよ!!

だからといって、「フリーターでいいかぁ」若いうちは良いかもしれませんが、

あなたの経歴に傷がつき、転職する時フリになりますので、若いうちからがんばりましょう。

しかし、忙しすぎるゆえに、そうした時のゆとりさえも、

全くなかったという方も、いるかもしれませんね。

新人看護師の多くは、先に退職をしてから、次の転職先を、じっくり考える人も、

半々くらいで見かけるので、7月に辞める予定でいるけども、

まだ転職先を決めていないいう人は、早いうちから行動いたしましょう。

7月に辞める新人看護師の退職理由って?

では、この時期に辞める新人看護師の理由はどこにあるのでしょうか?

7月にかけて辞める看護師の多くは、人間関係の悩みが一番多いそうです。

7月に入ってくると、別の理由で退職をする人もできています。

ひとつひとつの病院によりけりではありますが、早い病院では、

6月から夜勤の練習を開始出来ているところも少なくないのです。

練習ための夜勤に入るようになり、その後は、上司や先輩看護師が、日勤時間の業務

が慣れてきたかどうか?チェックし、夜勤の独り立ちするかどうか判断します。

新人看護師7月退職実際までであれば、他の同期とも、同じレベルだと思っていたものの、

このあたりから、差が出てきます。だからといって焦ってはいけません。

自分にどこが原因なのか考え、落ち着いて業務を行いましょう。

充分に日勤の業務もできている人は、7月から事前に、

夜勤の独り立ちをしていくという人も、出てくるので、

同じ病棟の中でもそういう人を、見かけることもあるかもしれません。

本来であれば、進化スピードは一人ひとり違うので、差があっても、

全くおかしくはないのです。

周囲からは、伸びるスピードが違う同期と比較され、落ち込んでしまう人もいます。

この頃合に、他の同期と対比されて落ち込む必要はまだまだありません。

比較された事によとて落ち込んだり、業務自体についていく事ができていない・・・

自身には看護師が向いてない・・・

と辞めたくなってしまう、新人看護師も増えてきます。

人生の中で、そんなことは何回もあります。

「人は人 自分は自分」と前向きに、考えるようにしましょう

中には、病院の労働環境に問題があって、人間関係や、教育システムの問題を、

抱えているという方もいるので、退職を考えるくらいなら、実際、一度この先働き続けて、

いける職場か、見極めてみるようにしましょう。

違う職場にいても、また、イチからなので、また同じ経験をすると思われます。

「人に比較されたからなんなんだ」と思い、負けない気持ちで頑張って行きましょう。

7月に「どうしても辞めたい!」退職を決めている方へ

事前に、7月に退職を決めている看護師の方は、7月はちょうど賞与をもらって、

退職者が出てくる時分ではあるので、経験豊富な看護師であれば、

求人も豊富にあり、転職先も選択できます。

でも、経験がまだ1年目、2年目の看護師は、いわゆる、

第二新卒の看護師の枠で、転職をする事になります。

医療組織によっては、第二新卒の看護師は受け入れていないというところもあるので、

よく考え、転職サイトを選びましょう。

もちろん、これでおしまいでなく、

新人(第二新卒)看護師に強い転職サイトを、ご紹介しておきます。

よく使われているサイトで、ランキング順にご紹介いたします。

オススメ転職サイト

1位 新人(第二新卒)看護師の転職サポート力で選ぶ! マイナビ看護師 

2位 対応のスピードや交渉力で選ぶ!        ナース人材バンク 

3位 サービスの充実度で選ぶ!            看護のお仕事

これから、転職活動して頑張っていく方を心から、昭和の親父ですが、応援いたします。

前向きに頑張って、いきましょうね。