Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

看護師さんで、転職するポイントとして、年代によって、求められているものが違います。

看護師さんとしてのスキルや、経験が求められます。

「看護師は、今どこも人手不足だからすぐ受かる」

と曖昧な気持ちでやっていてはいけません。

年代によって、求められているものがあります。

そこで本日は、年代別に、看護師さんの転職で、

求められているものとは何かについて、お話したいと思います。

20代・30代・40代 転職で求められるものとは

スポンサーリンク

【20代前半 看護師としてできることを探す】

「20代前半」の画像検索結果"

「今の仕事がつまらない」と思っていませんか?

「尊敬できる上司や先輩がいない」という人は多いようです。

「生意気言うな」と思ってしまう方も、多いかもしれませんが、

まぁ、若いときは、誰もがありますよね(笑)

「今の仕事が面白くない」と思っていても、

新しいプロジェクトに自ら手を挙げることで、やりたいことに近づけたり、

新たな経験を積んで、異動や職種転換のチャンスが、

巡ってきたりすることもあります。

それは、若い人の柔軟な発想が大切です。

それでも転職に踏み切る場合は、会社の知名度や条件面にとらわれず、

10年後、20年後、“なりたい自分”に近づけそうな病院はどこか、

という視点で選びましょう。

【20代後半~30代前半は キャリアの軸を明確に】

「20代後半~30代前半 女性」の画像検索結果"

中途採用市場で、もっともニーズが高いのは、

「27~28歳」を中心とする20代半ば~30代前半。

ある程度のビジネス経験を積み、それなりに責任ある役割も経験しています。

れでいて柔軟性もあり、新しいことを吸収できる。すばらしい年代ですね。

そこで、求められるのは、バランスの良さに、期待が寄せられます。

なお、30歳前後からは、何らかの“スキル”を持っているかが注目されます。

「何でもやります。頑張ります!」

は、ぶっちゃけ通用しません。これまでさまざまな仕事を経験してきた人も、

自分の“強み”を整理、明確にし、それを今後どういう方向で、

活かしていくかの目標を定めましょう。

また、この層には、リーダーシップやマネジメント力を、

発揮することも期待されます。

役職に就いたことがなくても、後輩の指導や育成をした経験や、

プロジェクトを責任者として推進した経験があれば、

そこで行った工夫や成果をまとめておき、

アピール材料として活用していきましょう。

【30代後半~40代は経験してきたことすべてです】

「30代後半~40代 女性」の画像検索結果"

30代後半~40代ともなると、やはり「即戦力性」が期待されます。

経験してきたことをすべて見直しましょう。

そして、応募する際には、経験をあれもこれもアピールするのではなく、

応募先の企業で活かせること、

例えば、「どのように新人看護師を育成したか?」など

人材育成やマネジメントのスキルも求められます。

また、どんな方針で、チームを運営してきたか、

メンバーのモチベーションをどのように維持・向上させてきたかなど、

自分流のスタイルを、整理しておきましょう。

応募先企業が求めていることを、重点的に伝えることが大切です。

求人企業が年齢が高い人に対して抱く不安は、「柔軟性」「変化対応力」です。

特にこれまで、1つの病院しか経験勤務がない人は、

その会社のやり方や風土を常識と思い込み、

新しい環境になじめないという場合もあります。

転職経験がない方は、部署異動や職務転換、新しいチーム作りなど、

何らかの変化を、経験したことを伝えることが大切です。

いずれの年代にしても、「何が求められているのか」をつかみ、

そして、相手が求める要素が、自分の経験の中にあるかを探し、

それを伝える準備をすることが大切です。

もし、必要な要素がないとしたら、今の職場で、その経験を積めるよう、

積極的に行動を起こしてみても、いいかもしれませんね。

看護師さんの悩み・健康の情報など、常に配信中

◎看護師さんの日刊メルマガ

◎電子書籍:看護師さん専用 転職ガイド

◎看護師さんの転職メルマガ