Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務 お疲れ様です。

皆さんは「2025年問題」をご存知でしょうか?

もうすぐて感じですよね。

それでは、2025年は、

看護師さんに、どのような環境に変わるのでしょうか?

解説していきます。

関連書籍

終章を生きる 2025年超高齢社会 (下野新聞新書) [ 下野新聞社 ]

日本医療クライシス「2025年問題」へのカウントダウンが始まった

〈データブック〉近未来予測2025

2025年問題とは 看護師さんはどうなるの?

2025年、団塊世代が全員「後期高齢者」に

関連画像

団塊の世代と言われる1945〜1949年生まれの人たちが、

お年寄りとなり、「超・超老齢化社会」が始まります。

その数、約2200万人。

3人に1人が65歳以上のシルバー世代

4人に1人が75歳以上の世代が、お年寄りとなるご時世が、

あと10年たたずにやってくるのです。

それによって、医療・ケアサービスの使用の急増が予見され、

社会保障仕組みの、破綻が起こりつつあります。

しかも、少子老年期化が急速に進み、労働人口が減少する中で、

医療・介抱に携わる人材確保も大きな問題です。

医療・介抱システムの改善も必要と言われ、

これらは当然、看護師であるあなたにとっても、大きく影響する問題です。

来るべき2025年に国は準備しており、医療システムの中心を

現在までの病院から、在宅へと舵を切りました。

診療報酬改定で、急性期病棟の削減も始まり、

在宅医療に高い診療の点数を、設定しています。

日本看護協会は、今後の看護の活動の方向性について明らかにしました。

変わりゆく社会の移り変わりによって、保健・医療・福祉仕組みが、

「医療」から「生活」を支援するケアを、優先する方向で変革されようとしています。

その中で「医療」と「生活」両方行うには、人を視る事に価値をおく看護が、

その価値を変える事なく、

医療の供給と「暮らしの質」の向上していくと思われます。

看護師の活躍の場を病院から地域へ

それでは、看護師さんに、どのような環境になるか、見ていきましょう。

看護職の裁量拡大 

特定行為を、実施可能な看護師による、

医療的な決断や処置の実施によって、

必要な時に、必要な医療ケアを供給する事ができるになり、

患者さん・ご家族は心もとないく、

療養に対して、暮らしを継続可能な事が望みまれます。

地域で活躍する看護職員数の大幅な拡充 

2025年に、

必要とされる看護職(保健師・助産師・准看護師を含む)の数は200万人。

この看護師による、人手不足を解消するには、

それと同時に、いかに質を高めていくかが、課題になります。

現時点では、看護師の働く場所として、少数である訪問看護が、

2025年にはその割合を、大きく増加させている事となるでしょう。

地域包括ケアシステム構築への参画 

地域包括ケアシステムによって、病や障害を抱えていても、

バックアップを行うので、地域で人生続けられる社会が、実現する事になります。

つまり、暮らしの中に医療が、普段として影響するのです。

それにより、看護師はケアマネジャーをはじめとして、多彩な他職種との連動や協同を行い

看護の視点で、療養暮らし、全体的に、マネジメントしていく役割が求められています。

地域の生活の場における看護の機能強化 

機能強化型訪問看護ステーションの据え、看護小規模を多くし、

住宅ケア施設の追加が検討され、

地域包括ケアの中で、必要な役割を、行うことになります。

しかも、介護施設では、

重症化する入居者への、ケアや看取りに扱って可能なよう、

看護さんの役割も、高めていく事も必要です。

ビジョンでは、看護師の活動の場が、医療を供給する「病院」から、

生活をフォローする「地域」へとチェンジしていく事が、

今後、看護師さんが、地域で、大きく活躍していく事は、間違いありません。

老齢で疾患を抱えながらも、看護師さん1人1人のスキルをみつけて、

活用し、住宅での暮らしが、継続可能になるように、

2025年以降看護師さんに、求められる事ではないでしょうか?

病棟看護師が余る時代が来る?

これまでの情報から、

「今までも看護師の資格さえあれば、

         どこでも働き口はあったから、これからも仕事には困らないだろう」

と考えている方もいるかと思います。

確かに、看護師の需要は、今後も増えいきます。

しかし、2025年問題に関連して、注視したい動きがあります。

それが、「病棟看護師は今後減少する可能性が高い」という点です。

2014年の診療報酬改定にて、

国は、医療費削減および高齢化対策として、

看護師の配置が、7対1の病床、いわゆる「急性期病棟」を減らす方向へなりました。

7対1配置の診療報酬が減らされていくとともに、

今後、若い世代が減少することで、

急性期医療へのニーズも、減少していくと推測されることから、

急性期病棟は減少し、それに伴い急性期病棟で、働く看護師の人数は減る

ことが予想されます。

これらの問題を統合すると、

今後、2025年問題によって、

看護師そのもののニーズは、拡大傾向にあるります。

一方で急性期病棟の減少により、

病院で、働く看護師の人数は、減少するということが考えられます。

まとめ

これまでは、看護師という資格さえあれば、

病院を中心として、就職先はいくらでもありました。

しかし今後は、訪問看護師として、地域医療を支えるのか、

それとも病院で、急性期医療を支えるのかといった、

自分がどう働きたいかという、

考えを持つことが、重要になる時代へ変わります。

2025年は、すぐ、そこまで近づいています。

だからこそ今、看護師として、

自分がどう働きたいかが、重要になってきます。

関連書籍

終章を生きる 2025年超高齢社会 (下野新聞新書) [ 下野新聞社 ]

日本医療クライシス「2025年問題」へのカウントダウンが始まった

〈データブック〉近未来予測2025