Pocket

こんにちは 荒蒔です。

毎日の業務お疲れ様です。

令和になって、数日たちましたが、どんな時代になるんでしょうか?

スターバックスが、2020年までに、プラスチック製ストローを廃止すること

を発表したことは有名ですよね。

それでは、病院側はどうなるでしょうか?

もしかして、ペール容器が、なくなる時代になるかもしれませんね。

大げさに言ってしまいましたが、

そこで本日は、プラスチックの環境問題および、海洋プラスチック汚染について、

お話したいと思います。それでは、参りましょう。

2050年問題 プラスチックの海 脅かされる海の生きものたち

スポンサーリンク

海洋プラスチック汚染とはどのような問題なのか

「海洋プラスチック汚染」の画像検索結果

海洋プラスチック汚染は、世界規模で起こっている環境問題です。

それは、私たちの健康や産業・経済に関わる問題ですよね。

今日、世界全体の海洋ごみのうち、最大の割合を占めているのがプラスチックです。

その正確な量は、わからないものになっております。

海域によっては、

「外洋に蓄積しているごみのうち99.9%がプラスチックである」

との報告もあるほどです。

合成物質である、プラスチックが、たくさんあることによって、

海洋環境や社会、経済への有害な影響も、大きく関わってきます。

しかし、実際の所、その影響の全体像は、私たちにはまだわかっていません。

海洋は、どの国も、権限によって支配するしておらず、

国が領有したり、支配することはできません。

海域を有するには、「地球上で最大の共有財産」でもあるとも、言われております。

したがって、海洋プラスチック汚染に、効果的に対処するためには、

地球規模で、海洋を管理・統治することが必要となってきます。

つまり、海洋プラスチック汚染問題とは、

国際政治の問題でもあるとも言えます。

 プラスチックの蓄積量はどのくらい?

「海洋プラスチック汚染」の画像検索結果

それでは、海洋を汚染しているプラスチックは、実際にどれほどの量なのでしょうか?

それは、正直、答えはまだわかっていません。

現時点でわかっていることは、

海洋プラスチック汚染は、世界的な問題であるということです。

そして、年々悪化しております。

原材料として、プラスチック樹脂および、繊維の世界全体の生産量は、

1950年の200万トンから2015年には3.8億トンに増加しております。

2015年までに、生産されたプラスチックの総量は83億トン。

一次プラスチック廃棄物および、二次(リサイクル)プラスチック廃棄物の累積量は、

63億トンとも言われております。

そして、現在のまま、生産と廃棄物管理の趨勢が続くとしたら、

2050年までに、約120億トンのプラごみが埋立地が、

自然環境に大きな問題となります。

そして、プラスチックは、世界全体の石油消費量の20%を使うことになるのです。

また、現在では、世界全体で、毎年1~5兆枚のレジ袋が、使われているとも言われております。

5兆枚とすると、1分ごとに1,000万枚のレジ袋が使い捨てられているのです。

これらのレジ袋を、毎時地球を、7回覆う面積に達すると言われております。

膨大な量のプラスチック製品を、私たちは使い捨て、

膨大な量のプラスチックごみを出し続けているのです。

それは、もちろん、海洋汚染にもつながります。

2017年現在、毎年950万トンものプラスチックごみが、

新たに海へと、流出しているということは事実です。

海洋プラスチック汚染の発生源とは?

「海洋プラスチック汚染」の画像検索結果

それでは、海洋に存在するプラスチックは、いったいどこから来ているのでしょうか?

陸上から、海に入るプラスチックもあれば、海洋起源のものもあります。

すべての海洋プラスチック汚染のうち、

80%ほどは、もともとは陸上にあったプラスチックです。

陸上のプラごみが海洋に入るルートは、主に次のものがあります。

1.下水や豪雨時の雨水が処理されずに海に流入し、

  下水などに含まれているプラスチック汚染が海洋に入る

2.工業生産プロセスからのプラスチック素材が不適切に廃棄され、海に流出する

3.道路上のゴミが排水管に入り、海に流出する

4.沿岸地にある埋立地から、プラスチック汚染が海に流出

5.海水浴客や釣り人などが残したプラごみ

他方、海における海洋プラスチック汚染源は

1.漁網や漁具が波にさらわれたり捨てられたりして、海中に残る

2.大型クルーズ船からの汚水・ごみ

3.ボート利用者が捨てたごみなど

4.輸送船からの汚水・ごみ

などがあります。

洪水や津波、台風などによっても、陸上にあるプラスチックや、プラごみが海洋に流出する。

これも海洋プラスチック汚染の大きな発生源となります。

洪水や台風などは、気候変動の影響で、その頻度を増すと考えられております。

今後の海洋プラスチック汚染のさらに、大きな排出源となる可能性があります。

いかがでしたか?

令和になり、環境問題や超高齢化社会など、

問題はありますが、いい時代にしていきましょうね。